ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界一熱いハーバード・ビジネススクールの素顔
【第1回】 2011年7月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
児玉教仁 [グローバルアストロラインズ株式会社社長]

髭ダンスで大爆笑、『2億4千万の瞳』で大合唱……。
エリート候補生の「世界一凝縮された」日本旅行

1
nextpage

世界最高峰のMBAと言われるハーバード・ビジネススクール。そこは世界的エリートの養成機関とも呼ばれ、桁外れの秀才たちが集まる。しかし、ハーバー ド・ビジネススクールに集まる人たちは単に頭がいいだけではない。知的な好奇心はもちろん、なみなみならぬエネルギーと生命力をもった熱き人間の巣窟なの だ。『パンツを脱ぐ勇気――世界一“熱い”ハーバードMBA留学記』の著者が5回にわたり、彼らの熱きエピソードを紹介する。

エリート集団140名が日本にやってくる!
迎え撃つ日本人留学生は?

 ハーバード・ビジネススクールの入学前、そこは、冷血で利己的なエリートたちがさらに賢く生きていくことを学ぶ場所だと思っていた。

 ところがそこは「ぐちゃぐちゃ言ってないで、リスクを取って何かにチャレンジしなさい」という、夢と希望と勇気と情熱に満ちた哲学が支配する熱い熱い教育機関だったのだ。

 そんなハーバード・ビジネススクールの知られざる素顔。その一つが「とことんやる文化」にある。

  生半可は許されない。
  やるんだったら、とことんやる。
  勉強も、課外活動も同じである。
  すべて徹底的にやるのだ。

 たとえば、毎年、4カ月にわたる長い夏休みが始まる5月に、大量の外国人生徒が日本を訪れる「ジャパントリップ」というイベントが催される。

 この旅行は、おそらく日本への旅行という意味では、世界一濃縮された「とことん日本旅行」かと思われる。僕らの年は、過去最高の、総勢140人の外国人生徒が日本を訪れた。

 修学旅行のようなわくわく行事でもあるが、さまざまな国からの留学生、もしかしたら将来各分野で世界を引っ張っていくかもしれない各国のリーダー候補の若手たちが、140人まとめて日本を訪れる機会だ。日本という国が彼らの冷徹な観察眼にさらされるわけだ。

 しかも、学校で「とことん」やることを徹底的に仕込まれている極めて要求度の高い生徒たち。そんな彼らを感動させるのは並大抵のことではないが、そもそも日本という国が舐められたらたまったものではない。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


児玉教仁 [グローバルアストロラインズ株式会社社長]

『パンツを脱ぐ勇気――世界一“熱い”ハーバードMBA留学記』著者。

1972年生まれ。静岡県出身。清水東高校を卒業後、1年半アルバイトで学費を稼ぎ1992年に初渡米。ウィリアム・アンド・メアリー大学を卒業。1997年三菱商事株式会社へ入社。2004年ハーバード・ビジネス・スクール入学。06年ハーバードMBA取得後、三菱商事に帰任。2011年同社を退社、国際社会で活躍できる人材の育成を目指したベンチャー企業、グローバルアストロラインズ株式会社を立ち上げる。URL=http://globalastrolines.com

児玉教仁
拡大画像表示

世界一熱いハーバード・ビジネススクールの素顔

世界最高峰のMBAと言われるハーバード・ビジネススクール。そこは世界的エリートの養成機関とも呼ばれ、桁外れの秀才たちが集まる。しかし、ハーバード・ビジネススクールに集まる人たちは単に頭がいいだけではない。知的な好奇心はもちろん、なみなみならぬエネルギーと生命力をもった熱き人間の巣窟なのだ。『パンツを脱ぐ勇気――世界一“熱い”ハーバードMBA留学記』の著者が5回にわたり、彼らの熱きエピソードを紹介する。

「世界一熱いハーバード・ビジネススクールの素顔」

⇒バックナンバー一覧