ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

三菱UFJニコス社長 和田哲哉
過払い利息返還請求は減少へ
カード業務は成長余地あり

2011年7月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Toshiaki Usami

──2年連続で最終赤字に陥っている。業績が低迷している理由は何か。

 貸金業法の改正や最高裁判決などにより、キャッシングは貸出残高が5000億円強と半減、おまけに(過去のキャッシング利用者による)過払い利息返還請求の発生も経営の重荷になっている。過払い利息返還請求が本格化する以前の2007年度の利益を分析すると、6割をキャッシングで稼いでいた。

 またクレジットカード業務にしても提携カードを中心に発行枚数を重視し過ぎて、実態としては赤字のカードがいくつかあった。今後は提携カード戦略を見直し、採算を重視していきたい。

──過払い利息返還請求は、今後も経営に大きな打撃を与えるのではないか。

 1~3月の返還請求受付件数は、対前年同月比で50~70%とピークアウト、武富士破綻による影響も限定的で、減少トレンドは定着してきたと考える。昨年度、約1000億円の増資を行い、直近の返還額で2・8年分という十分な引き当てを計上するなど手当てもすませており、ようやく過払いというくびきから脱し前向きな経営を行えるようになった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧