ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ダメ社員でも3秒で社内エース!?  「ぶっちぎり理論38」
【第3回】 2011年8月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
後田良輔 [現役大手3大広告代理店副部長]

【第3回】
タクシーでの移動でも、キーマンに一目置かれる!
「缶コーヒーおごり理論」&「20メートル手前理論」

1
nextpage

  社外から「広告費ドロボウ」、社内から居眠りばかりの「メトロノーム」と揶揄されながら、ダメ社員から「スーパー副部長」になった、現役大手広告代理店営業マン(39)の連載3回目。
  7/29に、『<落ちこぼれでも3秒で社内エースに変わる!>ぶっちぎり理論38』を刊行した著者が、タクシーでの移動時にキーマンに一目置かれる「缶コーヒーおごり理論」&「20メートル手前理論」を紹介する!

缶コーヒー1本で、キーマンを独占できる「缶コーヒーおごり理論」

 「微差」が成功のカギを握っている。勝負の明暗を分けるのは「微差」だ!
  と、様々な本でうたわれています。
  でも、その「微差」って、具体的に、何を、どうすればいいのでしょうか?

  今回は、この微差を2つの「ぶっちぎり理論」で超具体的に、車移動というシチュエーションで説明します。
  キーマンを接待する。キーマンと別の現場に移動する。そんなときにタクシーに乗ることがあります。
  通常、キーマンとあなたがタクシーに乗れば、タクシー料金は目下であるあなたが支払うはずです。そのお金の支払い方に、キーマンは「微差」を感じています。

「缶コーヒーおごり理論」

  タクシーの支払いでは、100円単位のおつりは受け取らず、「おつりはいいので、コーヒーでも飲んでください」と言って、ドライバーさんにおごってください(→「缶コーヒーおごり理論」)。

  たったこれだけで、キーマンはあなたに一目置くようになります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    後田良輔 [現役大手3大広告代理店副部長]

    1972年生まれ。「絶対に失敗しない気配りのツボ」を超具体化し、累計30億円以上稼ぐ、現役大手広告代理店のスーパー副部長。新人時代は、社外から「空気が読めない広告費ドロボウ」、社内では居眠りばかりで「メトロノーム」と呼ばれる。プライベートでも23歳まで童貞。やがてうつ状態となり、半年間社会人をリタイア。その後、デキる社員の行動を2000時間観察し、夜の街に3000万円を投資。ぜんぶ3秒でできる「ぶっちぎり理論38」を開発。見えない気配りの見える化に成功し、業界平均の1000倍に当たる新規扱い10億円の案件や世界連合企業から15億円のプロジェクトを獲得。また、「KHA(こんなの はじめて ありがとう)理論」で、女性にモテはじめ、5人同時に告白されるようになる。


    ダメ社員でも3秒で社内エース!? 「ぶっちぎり理論38」

     四流大卒、TOEICスコア235点、社外からは「広告費ドロボウ」、社内からは居眠りばかりの「メトロノーム」と揶揄されながらも、接待で失敗しない「郷ひろみ理論」、3秒で好印象を残す「つむじ理論」、キーマンから一目置かれる「20メートル手前理論」等の「ぶっちぎり理論38」を開発。ダメ社員から「スーパー副部長」になった、現役大手広告代理店営業マン(39)をご存じだろうか。
    7月29日に、『<落ちこぼれでも3秒で社内エースに変わる!>ぶっちぎり理論38』を刊行したばかりの著者が、「いますぐできて、目立って、かわいがられる」超具体的な「ぶっちぎり理論38」の極意を語る5日連続企画。
    今日から「こんなの はじめて ありがとう(→KHA理論)」とか、「ぶっちぎってますね!」と社内外で言われてしまう「3秒理論」を初公開する!

    「ダメ社員でも3秒で社内エース!? 「ぶっちぎり理論38」」

    ⇒バックナンバー一覧