ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

菅首相は「高杉晋作の真髄」を本当に理解しているのか

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第94回】 2011年8月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 天国の高杉晋作は、菅直人首相に対して激怒しているのではないか。最近私はそう感じている。

 菅首相は就任当初、自らの内閣を「奇兵隊内閣」と公言した。奇兵隊を創設した初代総督は高杉晋作だから、自分が高杉になったつもりなのだろう。

 私もかなりの高杉ファンだが、どう見ても首相と高杉には大きな違いがある。資質、能力、性格からむしろ高杉は正反対の人物のように見える。あえて言えば、首相は高杉に敵対した赤根武人と似たところが多い。

 かねてから、首相が高杉に傾倒していることは知られていた。自分に無いところを持つ高杉に憧れて、それに一歩でも近づこうとしているのだと私は好感していた。

 だが、最近になって、彼が高杉の本質を全く理解していないこと、そして高杉から何も学んでいないことがはっきりしてきた。

地位に無欲で「場当たり」な言動なし
周囲の信頼が厚かった高杉晋作

 高杉晋作の最も顕著な性格的特性は、地位に対して徹底して無欲であったこと。藩命によって役職を与えられると素直にそれに応じたが、役割を終えるとさっさと引き下がった。

 高杉はわずか80人そこそこの手勢で功山寺で挙兵。当時幕府に屈していた長州藩の俗論党政権を打倒。長州藩を討幕路線に大転換して明治維新への道を開いた。

 彼はその実績により、藩内で最大の発言力を得たにもかかわらず役職を固持して、「あとは諸君に任せるよ」と身を引いた。

 また、高杉は、志が固いばかりか、討幕、開国の大目標に対して驚くべき一貫性を持っていて、「場当たり」な言動がなかった。

 それに、同志を大事にする性格も際立っていた。

 志に殉じた奇兵隊などの隊士のために、馬関(下関)郊外に招魂場をつくって手厚く神霊を祭った。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧