ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
心に届く話し方
【第5回】 2017年7月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
松本和也

話しながら考えない。考えてから話す。
考えている間は黙る

1
nextpage

新刊『心に届く話し方 65のルール』では、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説しています。
今回の連載で著者がお伝えするのは、「自分をよく見せることを第一に考える話し方」ではなく、「聞いている人にとっての心地よさを第一に考える」話し方です。本連載では、一部抜粋して紹介していきます。

「とりあえず話し始める」から失敗する

 人前で話すのは不得意ではない。ただしことばは出るものの、調子よく話しているうちに自分で何を言っているのかわからなくなったり、初めに言おうとしていたことと違ってしまったりする方がいます。話を聞いているほうは、話す方が気持ちよさそうにしゃべっているのに中身が理解しにくいため、よけいにストレスを感じてしまいます。どうしてそうなるのでしょうか?

 最大の原因は、「とりあえず話し始める」ことにあります。もちろん、友だち同士や家族の間のふだんの会話でしたらそれでも構いません。問題は、仕事など相手に話の内容をしっかりと理解してもらうことが求められる場面では、何が言いたいかわからないうちに話をしてしまうことで、聞いている人を混乱させてしまうのは避けなくてはなりません。

 そのためには、話す前にまずこれから話す内容はどんなものが適切か、考えてから話すことです。

 例えば、得意先の課長から、来週打ち合わせできる時間はないか聞かれたとしましょう。

 あなたの頭の中には来週の予定表がとふわっと浮かんでくるでしょう。その頭に浮かんだスケジュール帳を思い出しながらこんなふうに話したらどうでしょう。

 「来週は忙しくてですね~、月曜が九州に出張で、火曜水曜は一日社内での会議が続いていまして、木曜は代休をいただいておりまして~、というのもこの日は小学一年の娘の学芸会がありましてねぇ、初めてなもので見に行ってやりたいんですよ~。で、翌日は金曜ですね…。その日は午後3時から6時までなら時間を作れますよ」

 聞いているほうはいらいらしますよね。もちろん正解は、「金曜があいています。時間は…」と最後の部分だけ言えばいいですよね。あたりまえだと思った方も多いでしょう。でも気をつけていないと、相手の質問とは関係なく自分の言いたいことをダラダラと先に言ってしまうことってあると思います

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    捨てる力 ブッダの問題解決入門

    捨てる力 ブッダの問題解決入門

    大喜多健吾 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    多くのビジネスパースンが抱える悩みは、「煩悩、偏見、執着」に捉われているせいです。ブッダの教えにしたがって、「煩悩」を静め、[偏見」を捨て、「執着」を手放せば、本当に必要なものが手に入り、人生は好転し始めます。仏教の教えを問題解決の方法に応用した初のビジネス書。

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/13~8/19)



    松本和也

    まつもと・かずや/スピーチコンサルタント・ナレーター。1967年兵庫県神戸市生まれ。私立灘高校、京都大学経済学部を卒業後、1991年NHKにアナウンサーとして入局。奈良・福井の各放送局を経て、1999年から2012年まで東京アナウンス室勤務。2016年6月退職。7月から株式会社マツモトメソッド代表取締役。アナウンサー時代の主な担当番組は、「英語でしゃべらナイト」司会(2001~2007)、「NHK紅白歌合戦」総合司会(2007、2008)、「NHKのど自慢」司会(2010~2011)、「ダーウィンが来た! 生きもの新伝説」「NHKスペシャル」「大河ドラマ・木曜時代劇」等のナレーター、「シドニーパラリンピック開閉会式」実況など。現在は、主に企業のエグゼクィブをクライアントにしたスピーチ・トレーニングや話し方の講演を行っている。


    心に届く話し方

    今回の連載でで著者がお伝えするるのは、「自分をよく見せることを第一に考える話し方」ではなく、「聞いている人にとっての心地よさを第一に考える」話し方です。元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説します。

    「心に届く話し方」

    ⇒バックナンバー一覧