具体的には「ミーティング・イマジンド(www.meetingimagined.com/)」というソリューション・サイトでマイページを作成すれば、性質や目的に応じてイベントを細かくパーソナライズしていけるという、支援ツールだ。

 日本では馴染みは薄いかもしれないが、外資系企業はしばしば、社内外のメンバーのアップデート研修とチーム内のモチベーション向上、そして定期的なリフレッシュを兼ねて、インセンティブ・ツアーと呼ばれる出張ミーティングを催す。

 こうしたツアーを迎えられるのは民泊にはない、ホテルならではのメリットだ。つまり求められるのは机とイスとコーヒーのみでなく、イベントを特別なものに仕立ててくれる料理やデザート、あるいは風変りだが興味深いワークショップといった、ヒントでありツールなのだ。
 

「ミーティング・イマジンド」サイトTOP(右)



 750人以上を収容するボールルームから、スタジオ・キッチンを備えた「アパートメント」、寛ぎやすい小規模ラウンジ、さらにプールサイドまで、ここのホテルはあらゆるタイプとサイズのイベントに対応できる。もちろん併設のダイニングのクオリティも高い。
 

アパートメント ホワイエ


 バンコクでは珍しく自家製の月餅をラインナップする中華料理の「パゴダ」や、フュージョン・スタイルを得意とする「GOJIキッチン」。そして今や最先端のヘルシー料理として評判の蕎麦が、日本人の蕎麦打ち名人の手によって「SOBAファクトリー」でスタイリッシュに供される。