ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

双日社長 加瀬 豊
手元資金圧縮で投融資を増強
資源分野の収益拡大が必須

2011年8月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Masato Kato

──今期が最終年度の3ヵ年の中期経営計画では、リーマンショック前の収益レベルへの回復を目標に掲げた。だが、今もなお、他商社との差は小さくない。

 ロシアやアセアン地域での自動車販売の好調や、石炭価格の上昇などにより、前期は当初予定の1年前倒しで、全事業の黒字化を達成することができた。

 しかし、他商社との差はまだ大きい。その最大の違いは、資源分野の収益力の格差にある。当社も他社と同じように収益ドライバーは金属資源であり、収益全体の6割を占める(2011年3月期は経常利益453億円のうち287億円)。だが、その規模は上位の商社と比べてまだ圧倒的に小さい。今後は、資源分野からの収益を増やさなければいけない。

 資源に頼るのはリスクが高いとの見方もある。しかし、保有資産のバランスが偏ることさえ気をつければ問題はない。会社の収益力を高めるには、まずは資源分野の強化、規模追求が必要だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧