ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
お金のウソ
【第2回】 2017年7月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
中野晴啓

2035年には男性の3人に1人が結婚しない!
人口減少とお金の話

1
nextpage

身近な人に教えられる「お金の常識」はもう古い!
30代以下のみなさん、親から言われてきたお金の常識は、今やまったく役に立たないのはご存じですか?
預金金利が0.001%の現在、一方、親世代や、祖父母の世代は、預金金利がなんと7%もあり、貯金をして家を買っておけば、自然に資産が増やせるような、何ともうらやましい経済成長時代だったのです。
今や、人口も減って、高齢化が進む、経済の成熟期を迎えた日本で、親から教わったお金の常識を信じていると将来必ず後悔します。新しいお金の常識を、お金のプロがセキララに語る連載です。

 第1回でお伝えした通り、これからの時代、
 親やその親(祖父母)世代の常識とは逆の行動をしなくてはなりません。

 つまり 「貯金ではなく、投資をしよう」 「家は買わなくていい」 「保険は入らなくていい」  というのが、現代の正しい考え方であると私は思います。

 経済面からみてみましょう。例えば、給与。

 1990年の給与所得者の平均年収は425万2000円。1998年には468万8000円まで増えましたが、そこから減少傾向をたどるようになり、2015年で420万4000円ですから、未だにバブルピーク時1990年の平均年収を超えられていません。

 27年間、ほぼ給与水準が変わらない、これを経済の世界では「成熟経済」と称します。国の経済を一人の人間に喩えるならば、年齢が若く、身体能力的にどんどん成長している時期は終わったのです。

 とはいえ、これまでの成長過程で富がたくさん蓄積され、その富を使ってより豊かな生活を楽しむ知恵を兼ね備えているのが、本当の意味で成熟した人間なのですが、これを日本という国に喩えると、富はたくさん蓄積されていますが、それを有効に活用する知恵に欠けているのが現状です。

 成熟経済などと言うと、何やら一面では良いことのようにも聞こえますが、ありていに言えば、国の成長がほぼ止まったということです。その現実を直視したうえで、低成長時代の生き方を模索していく必要があります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    捨てる力 ブッダの問題解決入門

    捨てる力 ブッダの問題解決入門

    大喜多健吾 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    多くのビジネスパースンが抱える悩みは、「煩悩、偏見、執着」に捉われているせいです。ブッダの教えにしたがって、「煩悩」を静め、[偏見」を捨て、「執着」を手放せば、本当に必要なものが手に入り、人生は好転し始めます。仏教の教えを問題解決の方法に応用した初のビジネス書。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/13~8/19)



    中野晴啓(なかの・はるひろ)

    セゾン投信代表取締役社長。大学卒業後、現クレディセゾン入社。2006年セゾン投信を設立。07年4月より現職。現在、口座開設数12万人超、預かり資産1800億円を突破。著書に『最新版! 投資信託はこの9本から選びなさい』『投資信託はこうして買いなさい』(共にダイヤモンド社)、『退職金バカ 50歳から資産を殖やす人、沈む人 』(講談社+α新書)他多数。


    お金のウソ

    「貯金はするな!」「保険は入るな!」「家は買うな!」が、今の時代のお金の常識ってホント? 預金金利が0.001%のの現在、親世代や、祖父母の世代は、預金金利が7%もあり、貯金をして家を買っておけば資産が増やせるような経済成長時代でした。
    今や、人口も減って、高齢化が進む、経済の成熟期を迎えた日本で、親から教わったお金の常識を信じていると将来必ず後悔します。
    新しいお金の常識を、お金のプロがセキララに語る連載です。

    「お金のウソ」

    ⇒バックナンバー一覧