現状はこのように、アップルとJDIの不幸なすれ違いによってJDIの経営は苦しい状況に陥っている。その挽回策として有機ELをやるというのは、少し違うのではないだろうか。

 企業の戦略は原則として、自社の強みを活かすことである。JDIにはフルアクティブという液晶技術があり、どうやら世の中で必要とされている有機ELのアプリケーションはフルアクティブでも対応できそうだということを考えれば、JDIがすべきは既存技術に磨きをかけることである。

不安定な製造技術と乏しい資金で
「勝てる」と考える方がおかしい

 特に、生産技術が事業成果に大きく関わるパネル産業の場合、製品技術の新旧よりも安定して確立された製造技術の方が重要である。フィルムベースの有機ELは、これだけ有機ELの生産実績があるサムスンでも思い通りになっていないようだ。そこに新参で、しかも資金力が潤沢とは言えない液晶パネルメーカーが参入して、勝てると考える方がおかしい。

 有機ELに対する顧客の評価も考えるべきだ。OPPOが有機ELと液晶が混在した製品を発売し、それに対してエンドユーザーが何も反応しないことを考えても、単に有機ELをつくれば付加価値が上がるほど簡単なものではないことがわかるだろう。ニーズという点でいえば、昨年来有機ELパネルにシフトしようとしたスマホメーカーの多くが来年以降、液晶に回帰するという話も聞こえてきている。

 日本のエレクトロニクス企業は、新技術をつくりっ放しにして、それを育てることが苦手なのかもしれない。いや、常に新技術を追い求めていればいつかは勝てるという新技術症候群に陥っているのかもしれない。半導体やディスプレイパネルの歴史を見れば、勝者はいつも製造技術に深くコミットし、大胆な投資を行ってきた企業である。日本は中途半端な投資で競争に負けると既存技術を放り投げ、新しい技術に飛びつこうとする。

 しかし、それを繰り返しながら企業は疲弊し、結局は撤退に追い込まれる。これまでどれだけ多くの半導体やディスプレイパネルの新技術を日本が開発しながら、生産の弱さで負けてきたことか。有機ELが高価なのは歩留まりが悪く製造コストが高いからであって、多くのユーザーが有機ELに高額を支払ってでも欲しいと思っているわけではない。高コストと高付加価値をごっちゃにし、新技術というイメージだけで有機ELにバラ色の未来を夢見ているに過ぎない。

 JDIがすべきことは、再建途上の資金力の弱い会社であるからこそ、今持っている技術を磨き上げて、きちんと生産する能力を身に着けることであろう。より具体的にいえば、フルアクティブのようなこれまでの資産を活かした改良型の新技術で製品技術としては手堅く、かつ効率よく大規模に生産していくための生産技術により多くの投資をしてビジネスをしていくべきだ。会社の規模が小さく、売り負けをしたり需給バランスの変化に対応し切れないようであれば、変動の大きい製造の部分に外部資本を入れてもいい。しかし、JDIが持つ日本の液晶技術は一喜一憂せずに守っていくべきだ。

(早稲田大学商学学術院大学院経営管理研究科教授 長内 厚)