ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄 未曾有の大災害 日本はいかに対応すべきか

今後の経済成長率を見直せば、原発依存度は半減する

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第28回】 2011年9月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 本連載の第25回で、エネルギー需給見通しの見直しを行ない、再生可能エネルギーに依存することなく脱原発が可能であることを示した。しかし、ここで行なったのは、単純な表の組み直し作業である。そこでの問題点は、環境基準(CO2発生量)の達成ができないことであった。

 第26回27回では、電力需要は経済成長と密接にかかわっていること、「エネルギー基本計画」における成長率の見通しは過大であることを述べた。したがって、今後の成長率を現実的なものに見直せば、再生可能エネルギーに過度に依存することなく、また環境基準も達成しつつ、脱原発を実現する可能性があると考えられる。

 このことを定量的に分析するため、第27回において、電力需要を分析するためのモデルを示した。このモデルの目的は、製造業、非製造業、家庭の電力需要を区別して考えるためのものである。

 過去のデータを見ると、つぎのような傾向が観測される。

a.電力需要総量は、GDP(国内総生産)とほぼ同率で成長した。

b.製造業の比率が低下し、非製造業と家庭の比率が上昇した。つまり、経済成長に対する弾力性は、製造業では1より小、非製造業と家庭は1より大であった。

c.付加価値1単位当たりで見ると、製造業の電力使用量は非製造業のそれより大きい。つまり、製造業は「電力多使用産業」である。

将来の部門別電力使用

 以上を考慮すると、将来を見る場合、全体としての経済成長率の想定だけでなく、産業構造、とくに製造業の比率変化に関する想定が重要であることが分かる。また、非製造業と家庭のこれまでの高い弾力性が今後も継続するかどうかの検討も必要である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄 未曾有の大災害 日本はいかに対応すべきか

3月11日に発生した東日本大震災。その人的被害が凄まじいのはもちろんのこと、その後の日本経済に対しても長期的に深刻な問題を与えることが懸念される。こうした状況を乗り越えるために、日本はどう立ち上がるべきなのか。

「野口悠紀雄 未曾有の大災害 日本はいかに対応すべきか」

⇒バックナンバー一覧