森本稀哲氏の処女作『気にしない。どんな逆境にも負けない心を強くする習慣』では、少年時代から北海道日本ハムファイターズ、横浜DeNAベイスターズ、埼玉西武ライオンズで迎えた引退試合まで、40にも及ぶエピソードを収録。著者自身が抱えた問題から何を学び、どのように解決してきたのか――ポジティブになれる何かを必ず感じ取ってもらえるはずです! 読後、前向きになれるコンテンツを本書から紹介します。

どんなときでもポジティブでいられる自分になる!

森本稀哲(もりもと・ひちょり)
1981年1月31日生まれ。東京都出身。小学1年生のときに、汎発性円形脱毛症で髪を失い、人の目を気にする少年時代を過ごす。そんなとき、友だちの誘いをきっかけに野球を始める。野球でよかったのは「帽子をかぶっていられるから」という思いがあるなか、いいプレーをすると周囲から認められ笑われなくなり、徐々に頭角を現す。
帝京高校の主将として第80回全国高校野球選手権大会に出場を果たし、1999年、ドラフト4位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)に入団。2006年から2008年まで3年連続ゴールデングラブ賞を受賞し、2007年、ベストナインに選ばれる。かつてはコンプレックスだった頭を使うコスプレパフォーマンスや粘り強いプレースタイルなどで話題を呼び、一躍人気者に。その後、2011年、横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)へ移籍。2014年、埼玉西武ライオンズへテスト入団。2015年9月、17年間にわたるプロ野球人生を終え、現役を引退。
通算成績は、1272試合、3497打数904安打、33本塁打、521得点、267打点、106盗塁、打率.259。2006年、2007年はパ・リーグ最多得点。
現在、野球解説やコメンテーターとしてのテレビ・ラジオ出演のほか、大学での講義や講演活動も行っている。
森本稀哲twitter @onifukksencho

 みなさんは、僕、森本稀哲をどんな人物だと思いますか。

 明るい性格。ムードメーカー。試合前にゴレンジャーのマスクをかぶって現れたり、アニメキャラクターのコスプレ姿で会見をしたりしていたので、目立ちたがり屋だと思われているかもしれませんね。

 かつての僕は、人目を怖がるふさぎこみがちな子どもでした。小学1年生のとき、病気でスキンヘッドになってしまい、心ない言動に傷つくことがあったからです。

 そんな人の目を気にしていた僕がいつしか、みんなの前で目立つような行動ができるようになったのには、いろいろな「きっかけ」があります。

 すぐに気持ちを切り替えられず、前を向けるようになるまで何年もかかることもありましたが、そのとき何を思い、どう傷ついて、いかに立ち上がって苦しみを自分の糧にしてきたのかを、この本では包み隠さず語らせてもらいます。

 と、よくありそうな悲劇の押し売りだけは、しません!

 たまに泣けたり、たまに笑ったりするかもしれませんが、答えの見つからなかった問題を僕なりに一生懸命考えて、模索して、全力で走り抜けた結果がこの本にあります。

 僕が経験してきたことが、どんなにつらくてもポジティブでいられる生き方のヒントになればいいな、と思っています。