ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Global Elite Perspectives~一流と二流の差はどこからくるのか

一流と二流の差は「逆境での振る舞い方」に現れる

小橋建太氏に学ぶ、グリット(やりぬく力)の根源

ムーギー・キム
【第3回】 2016年3月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「おっきい肩幅やな……」

『熱狂の四天王プロレス』
小橋 建太著 ワニブックス 1728円

 これが、私が都内某所のこじゃれたカフェで、そこらへんの恐竜では到底かなわないであろう巨大な肩幅を誇る、小橋建太氏に出会った時の第一印象である。

 小橋建太氏といえばプロレスファンでなくても有名な方で、最近『小橋建太・熱狂の四天王プロレス』を上梓されるなど様々な著作活動も積極的に行っておられるわけだが、さまざまな分野の一流のプロフェッショナルに会いたいという私の思いから今回、小橋氏にお目に掛かることになった。

 私が小橋氏の働き方から皆さんにお伝えしたいのは、巨大な上腕二頭筋の作り方ではなく、「最後までやり抜くグリット」の育みかたである。

あきらめない反骨精神と、天職を引退した後の第二の青春探し

 グリットというのは今やすっかり有名になった非認知能力の概念で「あきらめず、最後までやり遂げる能力」のことを指す。私の新著『一流の育て方~ビジネスでも勉強でもずば抜けて成功する子供を育てる』の第三章すべてをその「グリットの具体的な伸ばし方」に費やすくらい、一流のプロフェッショナルに共通する重要な資質である。

 ここで小橋氏に話を聞きたいと思ったのは、アスリートで復帰前例のない膝のけがを負っても、首に生死にかかわる大けがを負っても、がんで病に伏しても、常にあきらめず、リングに復帰して全力ファイトをする姿勢に、胸を打たれてきたからだ。

 また、あれだけ全力を注いで愛していたプロレスから引退し、“第一の青春”が終わった今もなお、多くの元・一流アスリートにありがちな、目標を見失って下り坂を転落するということ(清原元選手が代表)を微塵も感じさせないところが凄い。

 大好きな一つ目の天職から引退した今も、第二の青春のために全力で挑戦している姿に、多くのビジネスパーソンが学ぶべき本質的なプロフェッショナリズムを見出したからである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ムーギー・キム

1977年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。INSEADにてMBA(経営学修士)取得。大学卒業後、外資系金融機関の投資銀行部門にて、日本企業の上場および資金調達に従事。その後、世界で最も長い歴史を誇る大手グローバル・コンサルティングファームにて企業の戦略立案を担当し、韓国・欧州・北欧・米国のほか、多くの国際的なコンサルティングプロジェクトに参画。2005年より世界最大級の外資系資産運用会社にてバイサイドアナリストとして株式調査業務を担当したのち、香港に移住してプライベートエクイティファンドへの投資業務に転身。フランス、シンガポール、上海での留学後は、大手プライベートエクイティファンドで勤務。英語・中国語・韓国語・日本語を繰る。グローバル金融・教育・キャリアに関する多様な講演・執筆活動でも活躍。著書に『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』(東洋経済新報社)がある。


Global Elite Perspectives~一流と二流の差はどこからくるのか

欧州系投資銀行、米系戦略コンサルティングファーム、米系資産運用会社等の東京支店にて勤務後、香港・シンガポールに移住、アジア・太平洋地域でのプライベートエクイティ投資業務などグローバルの舞台で活躍し、英語・日本語・韓国語・中国語を操る「グローバルエリート」のムーギー・キム氏。世界中にグローバル・エリートネットワークを持ち、一流エリートたちの生態を知り尽くすキム氏が「一流と二流のはざまにあるもの」について分析する。

「Global Elite Perspectives~一流と二流の差はどこからくるのか」

⇒バックナンバー一覧