ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
バブルさんとゆとりちゃん

バブルさんとゆとりちゃんがついに直接対決!
職場の人間関係を希薄にした“犯人”を捜せ

会社をダメにした世代はどっち!?~前編~

梅田カズヒコ [編集・ライター/プレスラボ代表取締役]
【第31回】 2011年9月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

周囲から見て「困った人」とレッテルを貼られやすいバブル世代の“バブルさん”、ゆとり世代の“ゆとりちゃん”。当連載では、そんな2つの世代を対象に、 就職氷河期世代の“氷河期くん”(またはその他の世代)が会社の人間関係をどううまく対処すべきなのかを研究していく。

これまで多くのバブルさん、ゆとりちゃんと対面方式で話を伺ってきたが、今回は「団体ディベート」と称して、バブル世代の社会人2人、ゆとり世代の社会人2人をゲストに迎えて、議論を深めてみたいと思う。本当に会社をダメにしているのはどっちの世代?

【今回のバブルさん&ゆとりちゃん】
バブルさんA(43歳・男性/IT企業勤務/既婚)
バブルさんB(47歳・男性/商社勤務/バツイチ)
ゆとりちゃんC(24歳・女性/印刷会社勤務/独身)
ゆとりちゃんD(24歳・男性/アニメ制作会社勤務/独身)

同僚は仲間?それとも敵?
バブル・ゆとりで異なる“職場の仲間意識”

――2011年上半期の直木賞に選ばれた小説『下町ロケット』と、今、日本で最も売れている漫画「ONE PIECE」は、まったく話は違いますが、ともにある目的のために仲間が協力して立ち向かうというテーマを持った作品ですよね。エンターテインメントは時代を映す鏡といいますが、現代社会における仲間意識の希薄化が、逆に両作品の評価を上げているのだと思います。皆さんは職場の仲間意識の希薄化をどう見てます?

バブルさんA やっぱり、インターネットが登場したことで、良くも悪くも仲間意識が欠落しているところはあると思いますよ。世界中の人々とゆるくつながるようになったけど、それは逆説的に、「一緒の職場で働いているのだから仲間に違いないだろう」という一時代前までは当たり前だった概念を壊してしまったんじゃないですかね。

ゆとりちゃんD 僕はインターネットのない時代を経験していないので分かりませんが、職場の仲間の心配をするほど余裕がないというのが正直なところです。僕自身、非正規雇用で現在の会社に雇われていますが、会社から守られていない僕らが仲間意識をどう持てば良いんですか?

バブルさんB 今の話、少し気になったんだけど、たとえ非正規雇用でもアルバイトでも、その会社からお金をもらって労働しているということには違いないわけですよね。じゃあ、仲間意識が芽生えても良いんじゃないの?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

梅田カズヒコ [編集・ライター/プレスラボ代表取締役]

ロスジェネ世代(1981年生)の編集・ライター。フリーライター、編集プロダクション勤務を経て2008年より株式会社プレスラボを起ち上げる。著書に『エレベスト』(戎光祥出版)。web上のニュースサイト「下北沢経済新聞」編集長。「GetNavi」(学研)誌上で『コンビニ研究室』連載中。他に「日経トレンディネット」「COBS ONLINE」「R25」「サイゾー」など主にネット媒体で執筆中。起業したのは旺盛な独立心と言うよりも、むしろサラリーマンの職場における煩わしい人間関係から逃げるため。
ツイッター:@umeda_kazuhiko


バブルさんとゆとりちゃん

職場は世代間ギャップの宝庫だが、そのなかでも他の世代から槍玉に挙げられやすいのが「バブル世代」と「ゆとり世代」。そんな2つ世代の職場での生態を解き明かすとともに、彼らとの上手な付き合い方を探っていく。

「バブルさんとゆとりちゃん」

⇒バックナンバー一覧