ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

ジョブズ後のアップルを飲み込む
“スマートフォンの大衆化”というレッドオーシャン

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第6回】 2011年9月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ジョブズの引退がアップルに与える影響

 去る8月24日、米Appleは、スティーブ・ジョブズ氏のCEO辞任と、同社COOを務めていたティム・クック氏を後任のCEOとして選任したことを発表した。ジョブズ氏は今後もAppleの取締役会に残るとのことだが、事実上の引退と考えていいだろう。

 ジョブズ氏の評価は、立場や嗜好によって分かれるところである。ただ、20世紀後半から21世紀初頭にかけての、コンピューター産業の巨人であることには違いない。たとえば、マッキントッシュがなければマイクロソフトExcelも誕生しなかった可能性があることを、ご記憶の向きもおられるはず。まずは私も「おつかれさまでした」と申し上げたい。

 一方、後任に選ばれたティム・クック氏は、カリスマの後継という極めて困難な仕事を担わされることになった。以前からジョブズ氏の健康問題はApple最大の経営リスクとも指摘されており、時価総額で世界最大級となった同社の継承は、産業の枠を超えて世界中のビジネスパーソンが注目している。

 Appleを批判的に見る向きからは「これにてピークアウト」といった声も聞こえる。しかし私は、ジョブズ氏の引退に伴うCEO交代が同社に与える影響は、少なくとも短期的には小さいと考えている。同社の世界観は概ね完成されており、また市場における地位も確保されていて、なによりクック新CEO自身も「現状維持」を打ち出している。

 もちろん「守成は創業より難し」ではある。その意味では、ジョブズCEOの引退よりも、クック氏が担ってきたCOOの役割がどのように引き継がれるのかが、実はリスク要因なのかもしれない。ただそれとて、ある程度の準備とシミュレーションはなされていただろうし、短期を2-3年と解釈すれば、すでに製品ラインナップは概ね計画されているはずだ。

 では、中長期にわたって同社が安泰かと問われれば、なかなか難しい。というのは、これまでiPhoneが天下を取ってきたスマートフォン黎明期は、いわば〈ブルーオーシャン〉そのものだったと言えるからだ。反対に、これからのスマートフォン市場は、Appleやクック氏の如何に限らず、誰にとっても難しい〈レッドオーシャン〉となっていくだろう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

クロサカタツヤ[株式会社 企/株式会社TNC 代表]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧