ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
モレスキン 人生を入れる61の使い方
【第2回】 2011年9月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
堀 正岳,中牟田洋子,高谷宏記

【第2回】
「モレスキンと日常」
「伝説のノート」にあなたの記録を始める

1
nextpage

モレスキンを買ったはいいが、なかなか書き進められないという人が少なからずいる。しかし、最初のページを上手に書き込むことで、その後の使い方は激変するのだ。モレスキンを「人生の相棒」にするための、使い始めのコツを紹介。

モレスキンノートはハードルが高い?

 インターネットで「モレスキン(moleskine)」と検索すれば、モレスキンノート見開き2ページを使って生み出された素晴らしい絵画やデザインの数々がヒットします。ノートは本来、絵になる前のアイデアをメモする際に使われますが、モレスキンノートの場合には、芸術作品がそのまま制作されることがよくあるのです。

 そういう芸術的なノートを見てしまうと、「私はノートをこんなに美しく使えない」と落ち込んでしまい、自由にノートを使えなくなってしまう人がいるようです。

 また、モレスキンノートは一般のノートと比較しても、価格は決して安くありません。「高級なノートなのだから、特別なことを書き留めるぞ!」と意気込んでしまい、そのプレッシャーから「何を書けばいいのかわからない」という悩みを抱えてしまう人も多くいるようです。

 しかし、そういった理由であのクリーム色の紙にアイデアが気持ちよく出てくる経験をし損ねるというのは、まったくもったいないことです。気負いを捨てて、まずは日常生活のことを何でも記録していくことから始めてみて下さい。

 モレスキンノートの白紙に自由に手を動かす習慣ができれば、「モレスキンノートをもっとこう使いたい!」という拘りが自ずと湧き上がってくるはずです。

モレスキンノートをどのように使い始めるか

 真っ白なノートの最初の1文字を書く時というのは、誰でも少し緊張するものです。それが思い通りにいかないと、ノートを使う意欲が落ちてしまうという人もいるでしょう。そこで、ノートの使い始めに儀式的に行う2つのことを提案してみます。

① 全ページにページ番号をふる
② 1日の書き始めに日付を書く

 ページ番号をふって、使用する前にページをあらかじめ汚しておけば、白紙への抵抗が減少することが期待できます。毎日の使い始めも同様で、必ず日付をふるというルールを作っておけば、何を書けばいいだろうかと迷うことなく初めの一筆をおろすことができます。この段階をクリアできると、二言目、三言目は気楽に書くことができるはずです。

 このページ番号と日付は、読み返したり、情報をタグ付けして整理する際にもたいへん役立ちます。中には、アイディアやメモの1つ1つに通し番号をふる人もいるようで、Evernoteと同期させるのにも役立ちます。

 また、ページ番号や日付を入れる際にスタンプを利用するのも手です。ページレイアウトがより綺麗に、そして見やすくなります。文具店では「日付スタンプ」や「ナンバリングマシン」という名前で探してみて下さい。ちなみに、私が使用しているのはCOLOPとシャチハタのものです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


堀 正岳

1973年アメリカ、イリノイ州生まれ。ライフハックや仕事術をテーマとしたブログ、「Lifehacking.jp」管理人。「ライフハックとは人生を変える小さな習慣」をモットーに、クラウド時代のライフスタイルとワークスタイルの話題から、iPhone・iPad・モレスキンなどのガジェットや文具の活用法などを紹介している。理学博士。著書に『できるポケット+Evernote 活用編』(共著:インプレスジャパン)、『iPhone 情報整理術』(共著: 技術評論社)など多数。
Lifehacking.jp http://lifehacking.jp/

中牟田洋子

1982年福岡県生まれ。モレスキンにまつわる記事を毎日更新している日本一のモレスキンファンサイト「moleskinerie.jp」[モレスキナリー]の管理人。世界中のモレスキンユーザーのページの紹介、カスタマイズ方法、情報の活用方法、モレスキンに合う文房具、“手書き”や“記録”にまつわる文化記事まで幅広く掲載している。ロンドン在住。
moleskinerie.jp[モレスキナリー] http://www.moleskinerie.jp

高谷宏記

1974年札幌生まれ。モレスキンを通じた生き方・哲学・思想について語りつくすBLOG「blanq_text」管理人。世界一モレスキンについてTweet する男・通称「モレスキン・カウボーイ」として活動。拳銃の代わりにモレスキンを開くきっかけ「モレスキン・トリガー」という思想を武器に、情報( ネタ) の弾丸を発射している。モレスキンを通じたユーザーイベントも実施。本業はグラフィック・デザイナー。
blanq_text http://www.blanq.org/text/


モレスキン 人生を入れる61の使い方

世界で一番愛される「伝説のノート」モレスキン。なぜ、人はこのノートに夢中になるのか。その魅力と活用法について、人気ライフハッカーと、日本一のファンサイト管理人、モレスキン・カウボーイが語り尽くす!

「モレスキン 人生を入れる61の使い方」

⇒バックナンバー一覧