ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
モレスキン 人生を入れる61の使い方
【第5回】 2011年9月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
堀 正岳,中牟田洋子,高谷宏記

【第5回】
「モレスキンとアート」
日常の中でのクリエイティブ・アクション

1
nextpage

モレスキンをキャンバスに見立てて絵を描く。そうした画家が使うスケッチブックというイメージは根強い。けれど、モレスキンはもっと柔軟だ。日常をポジティブに変える「変化としてのアート」を紹介。

モレスキンノートをキャンバスとする人々

 ゴッホ、ピカソ、ヘミングウェイ、チャトウィンという名だたるアーティストや思想家に愛された伝説的ノートブックを甦らせた背景もあり、モレスキンノートとアートは切っても切れない関係を結んでいます。

 海外のサイトでは 「'skine.art」や「Urvan Sketchers」を閲覧すると、多くのユーザーたちがモレスキンに描いたアートを閲覧することができます。モレスキンノートをキャンバスとして利用し、毎日多くの画像がアップされています。

 Flickrなどのサービスでも「moleskine art」などのキーワードを検索すると数えきれないほどの芸術作品に触れることができます。公開される多くの芸術作品の美しさには息を飲むものがあります。

 日本人でも多くのモレスキンユーザーが、多くの芸術作品をこのモレスキンノートの中に残し続けています。モレスキンは芸術的な感性あふれるノートなのです。……と、ここまではモレスキンノートにまつわる話としてよく聞く話です。

 さて、今回触れてみたいのは、「日本のモレスキンのアートシーンは実際にどのようなものなのか?」ということです。

日常生活の中に現れるアート

 日本で、モレスキンに芸術的な作品を残している多くのユーザーの方々に接して思ったことなのですが、不思議なことに「モレスキンノートをキャンバスと見なし自分の芸術作品を作りあげてみせよう!」といった姿勢でいる方にはなかなか出会うことができませんでした。

 日本のモレスキン・アーティストの方々が生み出すすばらしいページの多くが、「日常生活に根ざしている行為の中で生まれるものが多い」ということに気がつきました。

 そして、彼らは日常生活の中で、その日食べたもの、見たもの、聴いたこと、着たもの、何でもないようなワンシーンをその視点で鋭く捉えており、結果としてアート作品として成り立っているものが多いと思いました。

 また、文字を書き付ける中で、ちょっとだけ隅っこにメモがわりに描いた何気ないイラストレーションが、キラリとした光のようなものを放つ。そういったモレスキンノートを多くみることができました。

 まず1個の人間が生きている。その日常生活と言う冒険において、結果としてモレスキンノートがキャンバスとして成り立っていました。これらはどこかで見覚えがあります。例えば「絵日記」などです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


堀 正岳

1973年アメリカ、イリノイ州生まれ。ライフハックや仕事術をテーマとしたブログ、「Lifehacking.jp」管理人。「ライフハックとは人生を変える小さな習慣」をモットーに、クラウド時代のライフスタイルとワークスタイルの話題から、iPhone・iPad・モレスキンなどのガジェットや文具の活用法などを紹介している。理学博士。著書に『できるポケット+Evernote 活用編』(共著:インプレスジャパン)、『iPhone 情報整理術』(共著: 技術評論社)など多数。
Lifehacking.jp http://lifehacking.jp/

中牟田洋子

1982年福岡県生まれ。モレスキンにまつわる記事を毎日更新している日本一のモレスキンファンサイト「moleskinerie.jp」[モレスキナリー]の管理人。世界中のモレスキンユーザーのページの紹介、カスタマイズ方法、情報の活用方法、モレスキンに合う文房具、“手書き”や“記録”にまつわる文化記事まで幅広く掲載している。ロンドン在住。
moleskinerie.jp[モレスキナリー] http://www.moleskinerie.jp

高谷宏記

1974年札幌生まれ。モレスキンを通じた生き方・哲学・思想について語りつくすBLOG「blanq_text」管理人。世界一モレスキンについてTweet する男・通称「モレスキン・カウボーイ」として活動。拳銃の代わりにモレスキンを開くきっかけ「モレスキン・トリガー」という思想を武器に、情報( ネタ) の弾丸を発射している。モレスキンを通じたユーザーイベントも実施。本業はグラフィック・デザイナー。
blanq_text http://www.blanq.org/text/


モレスキン 人生を入れる61の使い方

世界で一番愛される「伝説のノート」モレスキン。なぜ、人はこのノートに夢中になるのか。その魅力と活用法について、人気ライフハッカーと、日本一のファンサイト管理人、モレスキン・カウボーイが語り尽くす!

「モレスキン 人生を入れる61の使い方」

⇒バックナンバー一覧