ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
モレスキン 人生を入れる61の使い方
【第4回】 2011年9月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
堀 正岳,中牟田洋子,高谷宏記

【第4回】
「モレスキンと個性」
パーソナリティであるノートブック

1
nextpage

モレスキンに記録していくと、そこには自分そのものが収められることになる。自分の好きなものや大切なもの。長い時間と共に書き込まれたノートは、自分の個性そのものである。

「君は何を美しいと思う?」「木よ」「木か。だったら、君は木に似てる」――『パリの恋人』

個性という満ちていく「入れ物」

 自分が何に好奇心を持っているのか、どのようなことを考えているのか、どのような世界を持っているのか、何を美しいと思うのか。このような内容が書き込まれたノートは、膨らみ変形し、多様な姿に変化していきます。

 モレスキンノートはパーソナリティそのものであり、共に長い時間を過ごしているうちにだんだんと「自分」に似てくるように感じます。

 本来個性というのは、あらかじめ用意された入れ物のようなものがあって、そこに何かを注ぎ込んで行くようなものなのかもしれません。

 花瓶のような入れ物に水を注ぎ込んで行くことで、満ちていくこと。時には、雨の中に置かれたコーヒーカップのように言葉で溢れているかもしれません。時には、深く澄んだ湖のようになみなみと水を貯えているかもしれません。満ちていく入れ物であるノートブックは多彩です。それが個性なのかもしれません。

ノートブックに「熱」を入れる

 神奈川県の会社員である、ちぃ(@chii_nakanaka)さんは、人事異動で仕事内容や働き方が変わった時期に『モレスキン「伝説のノート」活用術』と出会ったことがきっかけとなり、自由度の高いモレスキンノートに興味を持ち使い始めました。

 立ち仕事で両手を使うことが多いことと携帯性、そして硬い表紙が立ったままメモを取るのに最適であるため、主にハードカバーのポケットサイズを愛用しています。

 仕事のこともプライベートのこともこの1冊で丁寧にまとめています。書いた内容を後から他のスケジュール帳に転記したり、終了したタスクを線で消したり、自分で撮った写真を貼り込んだり、イラストを描いたり、気になる記事をスクラップで貼り込んだりしています。この1冊を眺めることで、仕事での悩みや課題、ハマっていた趣味、楽しかった思い出を思い出すことができるノート作りをしています。

 ちぃさんはLIVEを見に行く趣味を持っていて、見開きでその思い出を丁寧に見やすくまとめています。左側ページに、moleskine.comが提供しているMSKのミュージックテンプレートを利用して、セットリスト(曲目)を貼付けています。中央下にLIVEのチケット、右側ページにLIVEの感想を書いて、手に入れた紙片を貼り付けています。LIVE会場から家に帰ってからも、その時の盛り上がった内容や感動をなるべくそのまま保存しておきたくて始めたそうです。

 左側に客観的な事実を書き留めて、細部を感想で埋めていくことでその時心の中に飛び込んできた「熱のようなもの」を、ノートに収めています。よれよれになったチケットも、個人的な体験がたっぷりと詰まっています。

 その日聴いた曲で、皆で盛り上がった曲や、生で聴いて非常にテンションが上がった曲には花のマークをつけて、読み返した時にいつでもそのときのアツイ思いがよみがえるそうです!

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


堀 正岳

1973年アメリカ、イリノイ州生まれ。ライフハックや仕事術をテーマとしたブログ、「Lifehacking.jp」管理人。「ライフハックとは人生を変える小さな習慣」をモットーに、クラウド時代のライフスタイルとワークスタイルの話題から、iPhone・iPad・モレスキンなどのガジェットや文具の活用法などを紹介している。理学博士。著書に『できるポケット+Evernote 活用編』(共著:インプレスジャパン)、『iPhone 情報整理術』(共著: 技術評論社)など多数。
Lifehacking.jp http://lifehacking.jp/

中牟田洋子

1982年福岡県生まれ。モレスキンにまつわる記事を毎日更新している日本一のモレスキンファンサイト「moleskinerie.jp」[モレスキナリー]の管理人。世界中のモレスキンユーザーのページの紹介、カスタマイズ方法、情報の活用方法、モレスキンに合う文房具、“手書き”や“記録”にまつわる文化記事まで幅広く掲載している。ロンドン在住。
moleskinerie.jp[モレスキナリー] http://www.moleskinerie.jp

高谷宏記

1974年札幌生まれ。モレスキンを通じた生き方・哲学・思想について語りつくすBLOG「blanq_text」管理人。世界一モレスキンについてTweet する男・通称「モレスキン・カウボーイ」として活動。拳銃の代わりにモレスキンを開くきっかけ「モレスキン・トリガー」という思想を武器に、情報( ネタ) の弾丸を発射している。モレスキンを通じたユーザーイベントも実施。本業はグラフィック・デザイナー。
blanq_text http://www.blanq.org/text/


モレスキン 人生を入れる61の使い方

世界で一番愛される「伝説のノート」モレスキン。なぜ、人はこのノートに夢中になるのか。その魅力と活用法について、人気ライフハッカーと、日本一のファンサイト管理人、モレスキン・カウボーイが語り尽くす!

「モレスキン 人生を入れる61の使い方」

⇒バックナンバー一覧