Photo:労働新聞

 8月に入ってから米国と北朝鮮の関係が一段と緊迫化してきた。8日、トランプ米大統領が米国を脅すなら北朝鮮は炎と怒りに直面すると警告した。翌日、米国からの警告への応酬といわんばかりに、北朝鮮の朝鮮中央通信社がグアムへのミサイル攻撃検討を報じた。北朝鮮を巡る状況は、米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩主席との間でチキンゲーム化している。

 足元では米国政府の高官が北朝鮮との対話の可能性に言及するなど、米朝間の緊張感は若干低下した。しかし、これが北朝鮮問題の鎮静化につながるとは考えづらい。本当に米国と北朝鮮が軍事衝突に陥れば、世界は未曽有の混乱に直面する。そのリスクを米国は冒せない。中国やロシアが北朝鮮を見捨てる展開も考えづらい。北朝鮮の挑発は今後も続き、朝鮮半島をめぐる神経質な状況が続くだろう。

 朝鮮半島情勢の不確実性が高まる中、わが国はいかにして自力で国家の安全を確立するかを真剣に考えなければならない。特に、アジア新興国を中心に国際社会との関係を強化することは不可欠だ。それが、北朝鮮の暴走を抑えるよう中国に行動を求める発言力につながるだろう。

止まらない
北朝鮮の軍事挑発

 北朝鮮は米国からの警告を無視してミサイル発射や核兵器の開発を続けている。中国やロシアも国連が採択した北朝鮮への制裁に賛成した。米国の政府関係者は北朝鮮への譲歩も示しているが、同国が軍事挑発を控え国際世論からの懸念に耳を傾けようとする気配は見られない。

 北朝鮮は、脅し続ければ米国が一定の譲歩を示し、米朝の平和条約など自国の体制維持に好ましい条件を確保できると考えている。当面、北朝鮮は国際社会に対してミサイル発射や核兵器開発という“脅し”を突き付け続けるだろう。