2017年夏、緑茶飲料市場は絶好調だ。といっても猛暑の恩恵だけではない。市場が16年から一段と勢いを増しているのだ。連載第3回で取り上げるのは、緑茶飲料の王者「お~いお茶」の背中を追う「伊右衛門」。その差は圧倒的に開いているが、小型商品などでは拮抗する場面も。3月のリニューアルで攻勢を強める。(「週刊ダイヤモンド」編集部 山本 輝)

>>第1回から読む

「サントリーは本気でシェアを“取りに”きているようだ」。ある飲料メーカー幹部は、そう警戒心をあらわにする。サントリー食品インターナショナルが3月に緑茶飲料「伊右衛門」をリニューアルし、販売攻勢を仕掛けているのだ。

 緑茶飲料の上位4ブランドにおける3月から6月の平均価格(全国のスーパーマーケットにおける500ml帯。True Data調べ)は、日本コカ・コーラの「綾鷹」(79.0円)、伊藤園の「お~いお茶」(78.3円)、キリンビバレッジの「生茶」(77.0円)の中でも、伊右衛門が最も安い値段をつけている(74.0円)。サントリーの幹部は、「好調な商品に販促費は惜しまない」と強気である。

 改めて緑茶飲料ブランドの販売数量シェアを見ると、上位4ブランドのうち、お~いお茶が約4割とぶっちぎりのシェアを握る。その次が伊右衛門、さらに綾鷹が続き、この2ブランドはどちらも約24%で拮抗する。4番手の生茶は1割強だ。