ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マイホームはこうして選びなさい
【第5回】 2011年9月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
長嶋 修 [株式会社さくら事務所 代表取締役社長]

マイホームで「安物買いの銭失い」が
絶えないのはなぜか?

1
nextpage

我が国では税金の投入による住宅ローン金利や期間の優遇、税制優遇(減税)などによって上限なき新築住宅の建設が続いている。これは際限なき国債発行と同じ構図。世帯数が減少するなかでは、空き家の増加や資産価値の減少をもたらすが、なぜこのようなことになっているのか。価値の落ちない住宅はどう選べばよいのか。

他国ではどうなっているのか

 西欧では多くの国で、10年間の「住宅需要」「住宅建設見込み」を推計している。人口動態などの指標に基づき、住宅総量目標を設定しているのだ。金融政策を通じて物価上昇率にコミットする中央銀行のインフレターゲットと同様のイメージだと思えばよい。

※「経済調査研究レビュー」別冊(2009年10月)
「ヨーロッパにおける高層集合住宅の持続可能な再生と団地地域の再開発」翻訳版を基に筆者作成

 各国の世帯数あたりの指標をみると、低いのがスウェーデンの5.6%、イギリス7.2%、イタリア8.3%。多くが10%台で見込んでる。10年間で10%の住宅が入れ替わるということだ。我が国がこれを設定する場合、イギリスと同じ7.2%なら年間着工は35.9万戸。イタリアと同じなら41.47万戸。10%にするなら49.9万戸となる。

 ちなみに、割合が高いのは、アイルランド38.9%、スペイン31.2%、ギリシャ24.6%など。住宅バブルがはじけている代表3カ国。かつての我が国の年間120万戸ペースというのは20.8%と、住宅バブル国並み。住宅生産業界団体が目論む100万戸の場合で17.3%となる。

 一方我が国は2002年、中古住宅とリフォームの強化すなわち「ストック市場重視」への方向感を打ち出し、戦後40年継続してきた「住宅建設法」を2006年に廃止した。変わって同年「住生活基本法」を制定。住宅市場の憲法改正が行われ、本格的なストック重視政策が打ち出される下地が整った。

 しかし他先進国のように「住宅需要」「住宅建設見込み」を推計する【住宅総量ターゲット(住宅総量目標)】を設定しないため、景気対策として過剰に新築住宅がつくられ続け、日本全国、空き家だらけという状態なのだ。新築住宅価格の高止まりは、「生産者重視」の政策であって、今後は中古住宅価格の維持という「生活者重視」の政策に変わらなければならないのだが…。

 このままでは、各プレイヤーが都合のよい解釈をし、すでに800万戸を超える空き家がさらに無尽蔵に増加する恐れがある。総量の目標がなく、新築中古の内訳も見えないと、具体的にどのくらいの数であるのかイメージしにくく、解釈によってはどうととでもとれる余地を残している。

 とはいえ新築住宅を建てたい人も多いだろう。その住宅が価値を落とさないためには、次の点に注意しよう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


長嶋 修 [株式会社さくら事務所 代表取締役社長]

1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社である株式会社さくら事務所を設立。以降、様々な活動を通して"第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント"第一人者としての地位を築いた、不動産の達人。
国土交通省・経済産業省などの委員も歴任し、2008年4月、ホームインスペクション(住宅診断)の普及・公認資格制度をめざし、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会を設立、初代理事長に就任。
複数の法人を経営する他、TV等メディア出演、不動産・経済セミナー講師、出版・執筆活動等、幅広く活躍中。『不動産のプロから見た日本経済の活路~「ポスト成長経済社会」を豊かに生きる方法』(PHP)他、著書多数。


マイホームはこうして選びなさい

これまで私たちのマイホーム選びは基本的に、交通や生活の「利便性」や地価といった、「価格」との兼ね合いを中心にしてきました。希望の立地条件を前提に、便利でかつ割安な物件を探すのが「賢いマイホーム選び」だと考えられてきたのです。
しかし、今回の東日本大震災では、大津波をはじめ地盤の液状化や斜面地でのがけ崩れで多くの住宅が被害を受け、土地の安全性がクローズアップされました。また、建物に被害はなくても上下水道など周辺のライフラインがダメージを受け、生活に深刻な影響が及ぶことも多くの人が認識しました。
これからのマイホーム選びでは、建物の耐震性が従来以上に重視されるとともに、土地の安全性やライフラインの災害対応力など従来あまり意識されてこなかったポイントも問われることになるはずです。
マイホームをめぐる状況が大きく変わろうとしているとき、最低限知っておきたい基本情報とマイホーム選びのヒントを提供するため、さくら事務所の総力をあげて書籍『マイホームはこうして選びなさい』を企画しました。今回の連載では、「マイホーム選び」を考える新しい道しるべとして、10回にわたりそのポイントをお伝えしていきたいと思います。

「マイホームはこうして選びなさい」

⇒バックナンバー一覧