ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む

世界経済危機のカギを握る「アメリカの経常赤字」は、1年以内にどこまで縮小するか?

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第12回】 2009年2月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 アメリカの状況について、この連載の第5回に書いた。そこでは、「将来への方向付けが定まらない」と述べた。これは、その時点でわかっていた08年第3四半期(7-9月)までのGDP統計と国際収支統計から読み取れる姿を見ての結論であった。金融危機は進展していたものの、それが実体経済に与える影響は、この期間までは、住宅投資と耐久消費財(自動車)の減少に限定されたものだったのである。

 ところが、その後に発表された統計では、だいぶ事情が変わってきた。実体経済に与える影響が広範に広がり、とくに貿易面での調整が顕在化した。これが日本や中国の対米輸出に大きな影響を与えたのである。その状況について、以下に述べよう。

08年第4四半期:
輸入の急減

 まず、GDP統計を見よう。【表1】に示すように、08年第4四半期(10-12月)に、アメリカの実質GDPは、対前期比でマイナス3.8%(季節調整済み、年率)と、大きな落ち込みを示した。

【表1】アメリカの実質GDPとその構成比の対前期成長率(季調済み、年率%)

 実質個人消費支出は、08年第3四半期からマイナス成長となっていたが、第4四半期にもマイナス成長が続いた。自動車を中心とする耐久財は、マイナス22.4%と、第3四半期より大きな落ち込みとなった。固定資本形成や住宅投資の落ち込みも第3四半期より拡大し、その結果、投資支出全体の伸びもマイナスになった。

 第3四半期と比べてとりわけ大きな変化を示したのが、貿易動向である。まず、輸出の伸びは、マイナス19.7%となった。とりわけ財の落ち込みが激しい。

 日本の立場から重要なのは、輸入の動向だ。アメリカの実質輸入額は07年第4四半期以降継続してマイナスを続けていたのだが、08年第4四半期には、マイナス15.7%というきわめて大きな落ち込みになった。財の輸入の落ち込みは、18.8%となった。

貿易収支の動向

 つぎに、貿易相手別の貿易収支を見ると、【表2】のとおりだ。

【表2】2008年におけるアメリカの貿易動向

 日本からの輸入は、08年の4月以降減少傾向を続けていた(ただし、10月は例外)。これは、自動車を中心とするものである。そしてこれは、すでに見たGDP統計における耐久消費財の落ち込みに対応したものだ。そして、11月に前月比約12%と、急激な落ち込みを見せた。

 中国からの輸入は、08年2、3月には落ち込んだが、その後回復した。四半期別計数でみると、08年第3四半期には、過去最高値となっているのである。しかし、11、12月と急激な落ち込みを見せた。アメリカの中国からの輸入の減少は、この時点から本格的になってきたと考えられる。

 このように、08年第3四半期(7-9月)までは、自動車を中心とする耐久消費財について減少が見られるものの、消費の縮小による輸入の全般的縮小には進んでいなかったのである。アメリカの貿易は、自動車輸入の急減を通じて対日貿易に大きな影響が発生しただけで、輸入全般には目立った変化は現れていなかったのだ。OPECからの輸入も、原油価格が下落した08年第3四半期においても、低下せずに増加していた。輸入額全体で見ても、減少するどころか、むしろ増加していたのである。これは、先にGDP統計によって見たのと同様の傾向である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
消費税だけでは財政再建できない!「日本を破滅から救うための経済学」

経済論争の最大のトピック=デフレ問題から、赤字国債発行の問題点、年金の破綻、消費税増税、円安誘導の為替政策まで、主要論点を網羅。いずれのテーマでも、通説と一線を画す内容に驚愕すること必至。綿密なデータの読み込みに裏付けられた、野口教授のマクロ経済政策論!1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む

突如として世界中を襲った経済危機。激流に翻弄される日本経済はどうなってしまうのか? なすべき対策はあるのか? 100年に1度の未曾有の事態を冷静に分析し、処方箋を提示する野口悠紀雄の緊急連載!

「野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む」

⇒バックナンバー一覧