第19回共産党大会は
10月18日に開催

 第19回共産党大会の開催日時が確定した。

中国共産党第1回党大会跡

 8月31日、中央政治局が会議を開き、同大会を10月18日に北京で開催する旨が公表された。これから中国は、ますます本格的に政治の季節に入っていく。あらゆる分野におけるあらゆる事象が党大会を中心に動いていくことになる。

 とりわけ、前回コラムで扱った言論統制は最も赤裸々に実施されることが必至だ。現在、中央から地方まで各宣伝機関は党大会のための“宣伝工作”をどう展開するかを具体的に確定する段階に入っている。

 例として、9月8日、習近平総書記の古巣・浙江省の党委員会宣伝部は会議を開き、「党の十九回大会を迎えるために宣伝の大合唱を形成するのだ」と会議出席者に対して呼び掛けている。

 上記のスケジュール感が明らかになった直後、私は「早いな」という第一印象を受けたのが正直なところである。10月18日、そしてこの日時を8月31日に発表したことを含めてだ。過去の党大会と比べてみると、スケジュール感自体は早くない。前回の18党大会は9月28日に公表されて11月8日に開催、前々回の17回党大会は8月28日に公表されて10月15日に開催されている。今回のそれが特別な様相を呈しているわけではまったくない。

「早いな」という印象を持った
二つの理由

 にもかかわらず、自分が「早いな」という印象を持った理由と背景を、公表から約10日が経ったいま、二つの視点から考えてみる。