日本人で初めて100m10秒の壁を破った桐生祥秀選手 Photo:日刊スポーツ/アフロ

長らく待たれた
日本選手の100m走9秒台

 陸上競技の花形である男子100メートル走。世界では、1968年に電動計時による世界初の9秒台が記録されて以降、当たり前になっていたが、日本記録では長らく10秒の壁を切ることができなかった。

 桐生祥秀選手は、2013年春に日本歴代2位の10秒01を記録していたものの、2017年8月に新鋭のサニブラウン・アブデル・ハキーム、多田修平、ケンブリッジ飛鳥の各選手に阻まれて世界選手権の代表を逃すなど、苦しい時期を過ごしていた。