ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
弁護士に頼らず1人でできる! 未払い残業代を取り返す方法
【第4回】 2011年10月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
松本健一 [特定社会保険労務士]

「労働審判」とはどういう制度か

1
nextpage

通常の裁判に比べて短期間ででき、手続きも簡単な労働審判制度。働く人たちにとって利用価値の高いこの制度は、いったいどのようなものなのか――。労働審判の本人申立支援の第一人者である松本健一氏が、その特徴をやさしく教える。

労働者のための制度
「労働審判」の3つの特徴

 未払い残業代を取り戻すには、通常の裁判よりも労働審判制度を使ったほうが簡単と第1回で述べましたが、労働審判制度とはどういうものなのか、ここで簡単に解説しておきます。

 労働審判制度は、解雇や賃金不払いなど使用者と労働者の間で起こる個別の争いについて、迅速かつ実効性のある解決を図るためにできた制度です。

 1人の社員が会社を相手に争った場合、労働問題に強い弁護士を探して依頼しないかぎり、有利に事を運んで実効を得るのは困難です。そうした実情を踏まえて、弱者といえる労働者のために生まれた制度です。

 労働審判の特徴としては、次の3点があります。

(1)専門性

 労働法や労使紛争について専門的な知識と経験を持つ人が労働審判委員となって審判官(裁判官)と共に審理をするので、専門性が確保されています。

 労働審判委員は、使用者団体(具体的には、日本経団連=日本経済団体連合会)と労働者団体(具体的には、連合=日本労働組合総連合会)の両団体が推薦し、最高裁判所が任命します。労働審判では、使用者団体から推薦された委員と労働者団体から推薦された委員が1名ずつ労働審判委員となり、裁判官である労働審判官1名を加え、計3名で審理します。

 実際にどういう人が労働審判委員になるのかというと、会社役員、人事部長、労組役員などが多いようです。“ようです”というのは、具体的には公開されていませんし、個々の労働審判においても明らかにはされていないからです。

 また、労使双方の団体から推薦された人が1名ずつ労働審判委員に任命されるといっても、審理にあたってはその立場は知らされませんし、各委員もどちらかに偏った発言はしません。あくまでも、専門的な立場から客観的に審理することになっています。

次のページ>> 利用件数は急増中!
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


松本健一 [特定社会保険労務士]

特定社会保険労務士。上場企業で人事総務業務を約10年経験したのち、ヒューマンサポート社労士事務所を開業。開業当初から、企業と社員との間で発生する個別労働紛争の解決業務に積極的に取り組み、数多くの事件を解決する。現在は、弁護士、司法書士、行政書士、公認会計士、税理士と提携し業務を進めている。個別労働事件未然防止業務、個別労働事件解決業務(労働者側の依頼にも積極対応)、労働環境適正化業務を中心に活動。これまで1000件以上の未払い残業代問題の相談に乗り、労働審判の本人申立支援では第一人者的存在。企業側、労働者側を問わずに相談を受け、日本では数少ない“働く人(社員、アルバイトなど)のサイドにも立って闘う”社労士。
ヒューマンサポート社労士事務所 http://www.human-s.info/pc/index.html


弁護士に頼らず1人でできる! 未払い残業代を取り返す方法

労働時間の切り捨て、みなし労働、名ばかり管理職、サ-ビス残業など、未払い残業代の問題は全国的な広がりを見せている。こうした不払いに対して、弁護士に頼まなくても、本人訴訟で会社と戦うことができる制度がある。それが「労働審判」。労働審判に申し立てすれば、印紙代などの費用で、これまで不正に支払われなかった給料を取り返すことができる。『残業代を取り返す方法』を上梓した松本健一氏に、未払い残業代の実態や回収のポイントを聞く。全5回の短期集中連載。

「弁護士に頼らず1人でできる! 未払い残業代を取り返す方法」

⇒バックナンバー一覧