ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
絶対内定
【第1回】 2011年10月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
熊谷智宏 [我究館館長]

就活スタート時に知っておきたい、
みんなの自己分析がうまくいかない3つの理由

1
nextpage

就職活動スタート時にまず学生が取り組もうとするのが、自己分析。
ところが「なぜ自己分析をするのか」「そもそも自己分析とは何か」を把握していないと、思わぬ落とし穴にはまってしまうことも。
大学生協の売上ランキング〈自己分析部門〉連続1位の『絶対内定』より、よくある3つのパターンについて解説します(まとめ記事作成:編集部)。

自己分析とは何か?

 就活といえば「自己分析」。今は誰もがこの言葉を知っている。

 ところが『絶対内定』の初版を発表した1993年、「就職活動に自己分析が必要だ」などと言っている人は、 日本中に一人もいなかった。

 あれから20年近く経つが、今では適性を心理テストやコンピュータで分析したりと、まさに自己分析ブームである。

 しかし、ここで気をつけなければならない。

 必要なのは「自己分析の結果」を「知ること」ではない。

 自分自身で、心から「自覚すること」だ。

 だからこそ、とことん自分と向き合うプロセスが重要なのだ。

 向き合うプロセスを通して

「(希望する業界や職種、自身の長所や短所など)……本当にそうなのか?」
「(行きたい会社や部門など)……なぜそう思ったのか?」
「ほかにはないか?」

 と、自分に何度も語りかけ、仲間や先輩とも超本気で語り合う。

 自分と本気で向き合うこと。

 そして他人と本気で向き合うこと。

 その結果の「ビジョン」や「特性」でなければ、突き進むことも自覚することもできやしないのだ。

 正直にいうと、僕は『絶対内定』を、就職のために書いたのではない。

 就職活動という機会でもないと、なかなか考えなさそうな「大切なこと」を、きみたちに考えてほしいから書いた。一人ひとりの人生がより充実したものになるように、そして一人ひとりの人間が生み出す世界がよりよいものになることを願って。

 就職活動を機に、自分を見つめ直す。

 弱みや強みを自覚し、自分を成長させる。

 等身大の自分と向き合うことで、ごまかしを捨てる。

 そのことが、本物の自信につながるのである。

 このことを理解せずに、ただ、意味も意図もわからず、「就活でやらないといけない(らしい)から」ということで、間違った自己分析をしている学生も見受けられる。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

熊谷智宏(くまがい・ともひろ) [我究館館長]

我究館館長。横浜国立大学を卒業後、(株)リクルートに入社。2009年、(株)ジャパンビジネスラボに参画。
現在までに2500人を超える大学生や社会人のキャリアデザイン、就職や転職、キャリアチェンジのサポートをしてきた。
難関企業への就・転職の成功だけなく、MBA留学、医学部編入、起業、資格取得のサポートなど、幅広い領域の支援で圧倒的な実績を出している。また、国内外の大学での講演や、執筆活動も積極的に行っている。
著書に『絶対内定2016』シリーズがある。

【キャリアデザインスクール・我究館】http://www.gakyukan.net/
心から納得のいくキャリアの描き方と実現をサポートする就職・転職コーチングスクール。1992年の創立以来、20年以上にわたり全業界に7200名の人材を輩出。
日本を代表するコーチ陣が、就職、転職、ロースクールや医学部進学、MBA留学、資格取得等、次の成長機会を模索し、その実現に悩む人々をバックアップしている。


絶対内定

1994年の創刊から20年以上のロングセラー、現在も大学生協売上1位を誇る『絶対内定』シリーズ。今では当たり前の「自己分析」の考えを、就活にはじめて取り入れたのが本書で、先輩やOB・OGのみならず、企業の人事・採用担当者にも支持されている。
連載では、『絶対内定』シリーズの執筆陣による、就活において大切な考え方や手法、最新就活事情などをお届けする。

「絶対内定」

⇒バックナンバー一覧