ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

需要国が中国包囲網を結成も
変わらぬレアアース危機の構造

週刊ダイヤモンド編集部
2011年10月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
オーストラリアや米国でも開発は進むが、全需要を賄うことはできない

 10月4~5日、米国ワシントンDCで、世界のレアアース市場で8割強の消費量を占める日米欧の政策担当者や専門家が、一堂に会していた。各国が連携して今後の安定調達の方針、つまり“対中”戦略を練る、初めての会合だ。

 レアアースとは、31鉱種あるレアメタルのうち、17元素の総称のこと。自動車や電化製品などの高機能化や軽量化に使われる。現在、約12万トンといわれる世界の需要量の、ほぼすべてが中国から供給されている。

 昨秋以降、中国が意図的に価格をつり上げたり、輸出量規制をかけたりした“レアアース危機”は今も続く。種類によっては、価格が下がっているものもあるが、たとえばハイブリッド車の駆動モーター用磁石などに使われるジスプロシウムは、過去1年で約30倍にも高騰した。耐え切れず、「輸出価格の半値で仕入れが可能な、中国への製造拠点移転に動き出すメーカーもある」(大手商社幹部)。

 一国供給体制といういびつな構造に、需要国は翻弄された。だが、思うままに市場を支配する中国に対し、各国ともに効果的な戦略を打ち出すことができず、不満が高まった。

 そこで、「需要国である日米欧が連携することで、“買い手”としての力を強める構想がにわかに浮かび上がった」(大手商社関係者)というわけだ。中国に対する価格交渉力を強めたり、中国以外での資源開発において協力したりすることが、今後ありうるという。

 ただ、産業界からは「この構想は安直」(メーカー幹部)との声が、早くも聞こえている。開発はオーストラリアや米国でも進むが、生産開始までは、中国に翻弄される構造は変わらないからだ。中国以外では見つかりにくいレアアースもある。

 ある企業の幹部は、本会合への出席を経済産業省から打診されたが、あわてて断ったという。慎重かつ明確な戦略が打ち出されなければ、「“包囲網”体制は、中国を逆に刺激するだけ」(同幹部)に終わりかねない。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 脇田まや)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧