ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄 未曾有の大災害 日本はいかに対応すべきか

自動車は輸出立国を支えられるか?

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第34回】 2011年10月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 前回、「日本の輸出立国モデルは大きな曲がり角に来ている」と述べた。輸出でもっとも重要なのは、前回も述べたように自動車だ。以下では、自動車の輸出モデルがどのように変化しているかを見ることとしよう。

 【図表1】に示すのは、乗用車と自動車部品の輸出額および実質実効為替レート指数の推移である。

 乗用車輸出は震災後の落ち込みから回復して、2010年頃の水準を回復した。しかし、経済危機前のピーク(2007年秋)に比べると、半分以下の水準にとどまっている。

 経済危機前の乗用車輸出を増大させたのは、円安とアメリカの乗用車需要増だった。

 グラフに見るように、乗用車輸出と実質実効為替レートはきわめて強く相関している。07年秋頃までの乗用車の輸出は02年頃の2倍近くになっていたが、これは05年頃から著しい円安が進んだためであった。また、日本からアメリカへの資本輸出がアメリカの住宅価格を引き上げ、それがアメリカの乗用車需要を押し上げる効果を持った。円安と住宅価格バブルが互いに他を支えて、異常なほどの乗用車輸出増を実現したのである。

 しかし、このメカニズムは持続可能なものではなかったので、アメリカ金融危機によって同時に崩壊し、その後再現することはなかった。実質実効為替レートは、2007年夏以降ほぼ一貫して円高方向に動いている。

 震災による乗用車輸出の減少は一時的なものだったが、この側面の変化は構造的なものだ。しかも、現在の実質実効為替レートは、1995年や2000年初めと比べて格別円高とはいえない。経済危機までの数年間が異常に円安だったのである。したがって、円高は今後も継続するだろう。したがって、乗用車の輸出も回復することはないだろう。

 乗用車輸出は、2007年には日本の輸出総額の15.8%を占めていた。現在では10.6%に低下している。これが日本の貿易収支に与える影響は大きい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄 未曾有の大災害 日本はいかに対応すべきか

3月11日に発生した東日本大震災。その人的被害が凄まじいのはもちろんのこと、その後の日本経済に対しても長期的に深刻な問題を与えることが懸念される。こうした状況を乗り越えるために、日本はどう立ち上がるべきなのか。

「野口悠紀雄 未曾有の大災害 日本はいかに対応すべきか」

⇒バックナンバー一覧