「iPhone X」

 日本は、世界で最もiPhoneが普及している国といわれている。スマートフォンはずっとiPhoneという人は少なくないし、パソコンはWindowsだけど、スマホはiPhoneという人はむしろ多数派にのぼる。

 iPhoneの強さは、統計にも現れている。OSやブラウザなどのシェアの機械的な統計をとっているサイト「StatCounter」によると、スマートフォン向けOSの全世界のシェアは、iOSが20.32%に対し、Android 72.74%と、Androidの圧勝となっている。ところが、これを日本に限定してみると、そのシェアはiOS 66.56%に対しAndroid 32.57%とほぼ真逆となってしまう。ちなみに、アメリカのiOSのシェアは54.12%と半分強で、iPhone“発祥の地”よりも日本の人気の高さが伺える(いずれも2017年9月時点)。

 スマートフォン市場などを研究している、MMD研究所が実施した調査「2016年4月~9月スマートフォン購入に関する定点調査」においても、2016年4月から9月にかけて、スマートフォンを購入した人の64.8%がiPhoneを購入したという結果が出ている。日本人のスマートフォン利用者のうち、7割近くがiPhoneを占めているのは間違いなさそうだ。

 なぜ、日本人はiPhoneが好きなのだろうか。MMD研究所を運営する、MMD Labo株式会社の吉本浩司社長は、スマートフォンユーザーの動向についてこう分析する。