ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネスパーソンが必ず使う英語表現
【第2回】 2011年10月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
勝木龍/福水隆介

私は頭が良いです!
英語での自己PRは超ポジティブ

1
nextpage

英語でPRするときは積極性が大事です。特に外国人相手の場合は、謙虚にする必要はまったくありません。関係のない質問にも自己PRを盛り込んで答えていきましょう。

 第2回は、面談や面接で、自分の能力を上司や面接官にうまくアピールする方法を紹介します。過去の実績のPRや性格のPRに使える英語表現やテクニックをお教えしますので、面接や面談の前には是非チェックして下さい。

「頭良いんですね」と言われたら何て答える?

 今日は大事な企業面接の日です。外資系企業では、会社の規模に関わらず、2次や3次面接の面接官が外国人であることがよくあります。外国人相手に首尾良く採用を勝ち取るためには、どんなアピールが有効なのでしょうか。

 あなたは有名大学卒だったので、面接官から「You must be smart.=頭良いんですね。」と言われました。さて、どう答えますか?

×「No, I am not smart.=いいえ、そんなことないです。」

 やはり日本人は謙虚が美徳なので、このように答えてしまいます。でもせっかくの面接という自分をアピールするチャンスなのです。しかも、外国人を相手に謙遜する必要はありません。上のように答えてしまうと、「この人は頭が良いのに自分に自信を持っていないんだ」、もしくは「この人は本当は頭が良くないけどうまいこと卒業した人なんだ」と受け取られてしまいます。

○「Yes, I am.=はい。私は頭が良いです」

 かといって、ここまで言い切るのはどうかと感じる方も多いのではないでしょうか。Noよりはベターかもしれませんが、はっきりと答えすぎるのも少し問題です。こう答える場合は、少し照れくさそうにニコニコ笑いながら言うとよいかもしれません。

◎「Yeah, I think so.=ええ、そう思います。」

 ベストな表現はこれになります。実はYesと言うと断定的なニュアンスが出てしまいますので、少し弱いYeahを使った方がこういう場合はよいのです。さらに、確信のない状況によく使われるI think soを使うことで、より間接的な表現で自然な答えとなっています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


勝木龍

京都大学経済学博士。米国公認証券アナリスト(CFA)。NHK「ニュースで英会話」のコンテンツ制作メンバーを歴任。アルクやNHKの携帯サイト等に英語関係のコンテンツ提供も行っている。『魔法の口ぐせ英語CD BOOK』(明日香出版社)など著書多数。

 

福水隆介

米国ニューヨーク州立大学藝術学部卒。NHKの英会話番組の原稿作成、同時通訳など幅広く活躍する。著書は『ビジネス英語類語使い分け辞典』(すばる舎)など。


ビジネスパーソンが必ず使う英語表現

ビジネスで英語を使う時、これさえ知っていれば大丈夫というポイントを、現役外資系ビジネスマンが伝授!実際に現場で使われている簡単かつスマートな表現を覚えて、「ちゃんと話せる」ビジネスパーソンになっちゃいましょう!

「ビジネスパーソンが必ず使う英語表現」

⇒バックナンバー一覧