ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「生き証人」が語る真実の記録と教訓~大震災で「生と死」を見つめて 吉田典史

ベテラン歯科医師が遺体安置所で感じた矛盾と焦り
現場の連携は極限状態で「最悪」を想定していたか?

――日本歯科大学 都築民幸・教授、岩原香織・講師のケース

吉田典史 [ジャーナリスト]
【第11回】 2011年11月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 3月11日の震災から半年以上が経ち、被災地での行方不明者の捜索は壁にぶつかっている。遺体の腐敗は進み、顔や体で識別することが困難になっている。

 そこで、歯科医師による歯科所見やDNA型、指紋による判定が注目されている。

 今回は、震災直後に被災地に入った歯科医師への取材を通じて、「大震災の生と死」を見つめる。連載第1回では検死をテーマにしているので、併せて読んでいただくと、現場の実態を一層よくつかむことができると思う。


はるばる安置所に到着した2人の歯科医
遺体から聞こえてくる“声にならぬ声”

日本歯科大学教授の都築民幸氏と講師の岩原香織氏。東京・千代田区の同大学にて

 3月13日、宮城県気仙沼市の小学校の体育館――。2人の歯科医師の前に、130体ほどの遺体が床に並ぶ。2日前にこの地域を襲った津波による犠牲者だ。

 日本歯科大学教授の都築(つづき)民幸氏、同大学講師の岩原香織氏は警察庁から依頼を受け、前日に都内から駆けつけた。

 2人はこれまでに事件や事故、自殺などで身元がわからない遺体に関わってきた。警察の依頼により、それらの遺体の検査やその記録、さらに生前の歯科情報との照合などを行なう。それが、遺体の身元特定につながる1つのきっかけになる。

 都築氏は2001年、新宿・歌舞伎町の雑居ビルで火災が発生し、44人が死亡した事件に関わったことで知られる。経験豊富な2人も、ここまで多くの遺体を一度に見るのは初めてだった。都築氏は、「震災直後ということもあり、遺体の損傷は少なく、比較的きれいだった」と振り返る。

 「小さな女の子の遺体があった。その前で、おばあさんが『早く見つけることができなくて、ごめんね』と泣いていた。それを見ると、動揺するものはあった。家族の元にご遺体を早くお返ししないといけないと、強く思った」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉田典史 [ジャーナリスト]

1967年、岐阜県大垣市生まれ。2006 年からフリー。主に人事・労務分野で取材・執筆・編集を続ける。著書に『あの日、負け組社員になった・・・』『震災死 生き証人たちの真実の告白』(共にダイヤモンド社)や、『封印された震災死』(世界文化社)など。ウェブサイトでは、ダイヤモンド社や日経BP社、プレジデント社、小学館などで執筆。


「生き証人」が語る真実の記録と教訓~大震災で「生と死」を見つめて 吉田典史

震災から5ヵ月以上が経った今、私たちはそろそろ震災がもたらした「生と死の現実」について、真正面から向き合ってみてもよいのではなかろうか。被災者、遺族、検死医、消防団員、教師、看護士――。ジャーナリストとして震災の「生き証人」たちを詳しく取材し続けた筆者が、様々な立場から語られた「真実」を基に、再び訪れるともわからない災害への教訓を綴る。

「「生き証人」が語る真実の記録と教訓~大震災で「生と死」を見つめて 吉田典史」

⇒バックナンバー一覧