ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
バブルさんとゆとりちゃん

なぜバブルさん・ゆとりちゃんは能天気で、
氷河期くんは内向的?
円相場最高値更新記念!
3世代の人生を為替で振り返ろう

梅田カズヒコ [編集・ライター/プレスラボ代表取締役]
【第35回】 2011年11月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

周囲から見て「困った人」とレッテルを貼られやすいバブル世代の“バブルさん”、ゆとり世代の“ゆとりちゃん”。当連載では、そんな2つの世代を対象に、 就職氷河期世代の“氷河期くん”(またはその他の世代)が会社の人間関係をどううまく対処すべきなのかを研究していく。

さて、今回は通常のバブルさんorゆとりちゃんインタビューをお休みして(取材対象者の都合が付かなかったという理由は内緒にして)、3世代の人生をドル/円相場と日本の景気とともにおさらいしてみようと思う。これを読めば、どうしてバブルさんがあんなに能天気なのか、氷河期くんがあんなに内向的なのか、ゆとりちゃんはどうして目の敵にされてしまうのかが分かる!?

<典型的な三世代の産まれ年>
バブルさん(ここでは、1967年生まれを想定)
氷河期くん(ここでは、1978年生まれを想定)
ゆとりちゃん(ここでは、1989年生まれを想定)

1970年……「1ドル=360円」
バブルさん、3歳

バブルさん 3歳
氷河期くん 産まれていません
ゆとりちゃん 産まれていません

 太平洋戦争から4年後の1949年に1ドル=360円と定められ、相場が固定された。固定相場時代というのは僕らには想像がつきませんので、団塊の世代の人に聞いてみてください。この固定相場制は足かけ22年間、1971年まで続くことになります。バブルさんを始め、僕らの世代は為替レートが固定された時代があったなんて! と驚きを隠せません。

 固定相場制が崩壊し、変動相場制に移行した理由としては、アメリカのベトナム戦争長期化による出費の増大などで国の借金がかさみ不景気となり、その結果ドルは相場よりも不当に価値が高いと見られるようになったからです。一方、日本は高度経済成長のまっただなか。円の価値を相対的に上げなければいけなくなり、変動相場制の世界へ突入していきます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

梅田カズヒコ [編集・ライター/プレスラボ代表取締役]

ロスジェネ世代(1981年生)の編集・ライター。フリーライター、編集プロダクション勤務を経て2008年より株式会社プレスラボを起ち上げる。著書に『エレベスト』(戎光祥出版)。web上のニュースサイト「下北沢経済新聞」編集長。「GetNavi」(学研)誌上で『コンビニ研究室』連載中。他に「日経トレンディネット」「COBS ONLINE」「R25」「サイゾー」など主にネット媒体で執筆中。起業したのは旺盛な独立心と言うよりも、むしろサラリーマンの職場における煩わしい人間関係から逃げるため。
ツイッター:@umeda_kazuhiko


バブルさんとゆとりちゃん

職場は世代間ギャップの宝庫だが、そのなかでも他の世代から槍玉に挙げられやすいのが「バブル世代」と「ゆとり世代」。そんな2つ世代の職場での生態を解き明かすとともに、彼らとの上手な付き合い方を探っていく。

「バブルさんとゆとりちゃん」

⇒バックナンバー一覧