ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
自分のアタマで考えよう
【第2回】 2011年11月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
ちきりん

プロ野球界の未来はとても明るい!?

1
nextpage

世の中には考え方の本がたくさん出ています。しかし、そもそも考えるってどういうことでしょう?考えるということは誰にでも自然にできることなのでしょうか? 
ロジカルシンキングや問題解決の本を読んでもうまく考えることができないのは、「知識」が「思考」を邪魔しているからなのかもしれません。

「考えてる人」の頭の中は

 「考える」というのはむずかしい概念です。「自分は今、必死で考えているんだ!」と主張する人の頭の中をのぞいてみたら、そこは、

 ああ、どうしよう。困った。このままじゃダメだ!とりあえず様子をみてみようか?いやダメだ。それじゃあ悪くなるばっかりだ。なんとかしなくちゃ。でもどうすればいいんだろう?誰かに相談すべきだろうか? でも誰に?誰に話せばいいんだ?うーん、いったいオレはどうすればいいんだろう!?

 という状態だったりします。これを私たちは「考えている」と呼ぶでしょうか?これが「思考」でしょうか?

 とてもそうは思えませんよね。むしろこれでは「なにも考えていない」状態に近い気さえします。 「自分の頭で考えることが重要だ」という言葉を聞くことも多いのですが、なぜわざわざこんな言い方をするのでしょう?誰も「他人の頭で考える」ことはできません。なのに「自分の頭で考える」という言い方まで存在するのはなぜでしょう?

 などと、「考えるってなんだろう?」と考えていても、結局なにも考えられないので(!?)、ここでは例題を使って実際に考えてみましょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/7~5/13)



ちきりん

関西出身。バブル期に証券会社に就職。その後、米国での大学院留学、外資系企業勤務を経て2011年から文筆活動に専念。 2005年開設の社会派ブログ「Chikirinの日記」は、日本有数のアクセスと読者数を誇る。 シリーズ累計23万部のベストセラー『自分のアタマで考えよう』『マーケット感覚を身につけよう』(ダイヤモンド社)、『「自分メディア」はこう作る! 』(文藝春秋)など著書多数。

 


自分のアタマで考えよう

月間100万PVを誇る人気ブログ「Chikirinの日記」の筆者の、初めて書き下ろしとなる『自分のアタマで考えよう』。その読みどころを全5回(予定)の連載で紹介します。 同書で紹介されるのは、ユニークな記事を生み出す「ちきりん流」の思考のルールです。プロ野球の将来性、結論が出ない会議の秘密、就活で失敗しない方法、自殺の最大の原因、電気代の減らし方など、さまざまな社会問題や日常の疑問を題材に自分のアタマで考える力を身につけていきます。出口治明氏(ライフネット生命保険社長)、安宅和人氏(『イシューからはじめよ』著者)など、第一線の経営者・ビジネスマン・コンサルタントも絶賛する思考のワザの一端を味わってください。

「自分のアタマで考えよう」

⇒バックナンバー一覧