「ディズニー流」人材育成で、あなたの職場も3日で変わるかもしれません(写真はイメージです)

 ディズニーのキャストを見て、「なぜあんなにいきいきと働けるのだろう」と思ったことはありませんか?あなたの職場でも、「みんながあんなふうに、楽しく前向きに働けたらいいな」と憧れたことはないでしょうか。

 結論から言いましょう。どんな職場であっても、ちょっとしたコツを押さえるだけで、メンバーが「ディズニーキャスト」に変わります。みんながいきいきと働き、成果を上げ、チームとしてより輝くことができるようになります。

 私は、大学卒業後に、東京ディズニーランド・ディズニーシーを運営するオリエンタルランドに17年間勤め、人材トレーナーとして10万人以上のキャストをディズニーの表舞台へと送り出してきました。ディズニーで培った経験を生かし、現在はサービス経営やホスピタリティ教育に特化している西武文理大学で、教員をしています。

 これまでの人材育成経験から言えるのは、ディズニーには、たんに褒める、叱る、だけではない、「魔法の教え方」があるということです。

ディズニーのキャストは
わずか3日で巣立つ

 アトラクションや店舗にもよりますが、ほとんどのキャストはわずか3日間の研修だけでデビューします。ディズニー流育て方の最大の特徴に、「ゴールを見せること」「感動を体験させること」「行動を見守ること」の3つが挙げられます。そして、それらを取り入れたら、どんな職場でも、ディズニーのキャストのように自分で考え、自ら進んで動くような人材を育てることができるのです。

 ディズニーキャストの使命は「ゲストにハピネスを提供する」こと。そのゴールに向けて日々仕事をしています。