ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

【キャロル・キング&ジェイムス・テイラー
「トルバドール・リユニオン」】
女と男の友情が生み出した「友情」を描く名曲
“You’ve Got A Friend”をフューチャー

小栗勘太郎 [音楽愛好家]
【第7回】 2011年11月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「20代は女性について語り倒した。30代は仕事だった。40代になったら健康話で盛り上った。そして、最近は友情について静かに語っている」

 随分前、社会人になりたての頃、尊敬する大先輩が云った言葉です。酒を酌み交わしながら語る話題について率直に教えてくれたのです。大先輩は、エズラ・ヴォーゲル教授の「ジャパン・アズ・ナンバー・ワン」が描く昇竜の如き日本を築いてきた世代です。国際ビジネスの最前線で、脇目もふらず全力疾走し、社会的な成功を収めていました。そんな大人の男が、友情について静かに語る、というのが非常に印象的でした。

 ちょっと照れくさいですが、友情は、生涯の伴侶、仕事上の成功、健康などと並んで人生で最も大切なものでしょう。でも、寸暇を惜しんで仕事に打ち込んでいる時には、友との時間をつくるのも容易じゃない。どうしても、仕事の関係で出会った友達とばかり会うことになる。仕事を完全に離れて、本音で語ることのできる友がいるってことは、とても素敵です。

 という訳で、時には、友情について思いを致してみましょう。最良の曲は、「きみの友だち」です。原題は、You’ve Got A Friend 。キャロル・キングの作詞作曲で、非常に直裁に友情を描いています。

 “君が落ち込んで、困っていて、何事も上手く行かない時は、目を閉じて、私のことを思ってごらん。すぐに君の傍に駆けつけて、最も暗い夜だって明るくしてあげる。冬でも春でも夏でも秋でも、君は僕の名前を呼びさせすればいい。君には友だちがいるんだから……”

 ちょっと恥ずかしく赤面しそうな歌詞ではあります。ところが、キャロル・キングの書く長調と短調の間を縫って語るような自然な旋律に乗ると、知らず知らずのうちに心に沁みてくるのです。やはり天才です。28歳のキャロル・キングがどんな心境でこの曲をつくったのか興味は尽きません。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小栗勘太郎 [音楽愛好家]

1958年生まれ、牡羊座のB型。某国立大学卒、米国滞在5年。公僕を生業とする音楽愛好家。著書は『音楽ダイアリーsideA』 『同sideB』(西日本新聞社)。『毎日フォーラム』誌にて「歴史の中の音楽」を連載中。


今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

ビジネス・パーソンは日夜、現場で闘って、日々、喜怒哀楽を感じる。実は音楽の現場も同じだ。だって、音楽もビジネスも、所詮、生身の人間が作る、極めて人間くさい営みだから。音楽には妙な薀蓄など不要かもしれないが、音楽が生まれる時には物語がある。それを知って聴けば、喜びが倍になり、悲しみが半分になるかもしれない。毎週1枚、心のビタミンになるような音盤を綴ります。

「今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内」

⇒バックナンバー一覧