ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
楠木建 ようするにこういうこと

日本の問題は複雑だが、不確実ではない

楠木 建 [一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授]
【第4回】 2011年11月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今回は日本の問題について考えてみたいと思います。日本は今、「国難に襲われている」とか、「未曾有の危機」などといわれています。大震災や景気低迷、円高などの事象を見ると、大変苦しい状況にあることには間違いありません。ニュースでは連日「問題が山積」といっています。世界のなかでも突出して日本が悪い状態にあるような気になります。しかし、本当にそうでしょうか。

 まず確認したいのは、日本の歴史を通じて「問題が山積」していなかったときはない、という当たり前の事実です。昔の新聞を読み返してみればわかるのですが、「問題が山積」と書いていない日はありません。少なくとも人々の認知においては、常に問題は「山積」している。

 しかも、あらゆることが絡み合っているのが世の中ですから、ある問題の解決は必ずといってよいほど新しい問題を生み出します。たとえば、敗戦後の戦後復興(それこそ問題がエベレスト級に山積していた)を目指した工業化は、高度成長期になると公害の問題を引き起こしました。

 ようするに社会の問題が完全に「解決」されることなどあり得ない。常に問題がある。だからといってそれをほっといていいわけではない。何とか解決しようとする(公害問題などは日本がわりと底力を発揮した例です)。しかし、問題は次から次と押し寄せてくる。問題解決の自転車操業、これが人の世の宿命です。

 話を空間的に拡張してみましょう。「問題はいつも山積している」、このことは日本以外のあらゆる国にもそのまま当てはまります。アメリカも財政赤字やら国際紛争、医療における制度改革など、挙げていけばきりがないほどいろいろな問題を抱えています。中国などの新興国だって、景気が良さそうに見えて、政治・経済・社会情勢の面で不安定な要素をたくさん抱えています。

 EU諸国も大変です。破綻寸前のギリシャだけでなく、ポルトガル、イタリア、スペインなど財政状況が悪い国がたくさんあり、問題は山積みです。あちらの問題が落ち着いたと思えば、こちらから新たな問題が噴出するという事態で、財政再建策もなかなかまとまらず、将来がどうなるのか非常に不安定な状況が続いています。「問題が山積していない国、手を挙げて!」と聞いて、手を挙げられる国はひとつもないでしょう。

次のページ>> 「市場」と「組織」
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

楠木 建 [一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授]

1964年東京生まれ。1992年一橋大学大学院商学研究科博士課程修了。一橋大学商学部助教授および同イノベーション研究センター助教授などを経て、2010年より現職。専攻は競争戦略とイノベーション。2010年5月に発行した『ストーリーとしての競争戦略』(東洋経済新報社)は、本格経営書として異例のベストセラーとなり、「ビジネス書大賞2011」の大賞を受賞した。ツイッターアカウントは@kenkusunoki


楠木建 ようするにこういうこと

本格経営書として異例のベストセラー『ストーリーとしての競争戦略』の著者、楠木建一橋大学大学院教授が、日々の出合いや観察からことの本質を見極め、閉塞を打ち破るアイデアを提言。
 

「楠木建 ようするにこういうこと」

⇒バックナンバー一覧