HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

改訂!健康情報編集部

大人の発達障害、「ミスが多い」「もの忘れが多い」人はADHDかも?

身近な大人の発達障害(後編)

東竜子 [ライター]
【第2回】
岩波 明(いわなみ あきら)/昭和大学医学部精神医学講座主任教授。医学博士、精神保健指定医。1959年、神奈川県生まれ。1985年に東京大学医学部卒業後、都立松沢病院、東京大学医学部精神医学教室助教授、埼玉医科大学精神医学教室准教授などを経て、12年から現職。2015年から同大学附属烏山病院長を兼任、ADHD専門外来を担当する。著書に、『発達障害』 (文春新書)、『他人を非難してばかりいる人たち バッシング・いじめ・ネット私刑』 (幻冬舎)、『大人のADHD: もっとも身近な発達障害』 (筑摩書房)、『精神科医が読み解く名作の中の病』(新潮社)、『心に狂いが生じるとき―精神科医の症例報告 』(新潮社)などがある。

 昭和大学付属烏山病院で行っているのは、現状を正しく判断して偏った考えや行動を修正する「認知行動療法」を利用した全12回のグループ療法です。発達障害についての心理教育に加えて、忘れ物対策や感情コントロールなどテーマを決め、これまでどのような問題が起き、どう工夫をしたかをディスカッションします。同じ悩みを抱えている当事者同士で話し合うことで、自己理解が深まりやすいようです。この治療の参加者には、主症状である不注意や衝動性だけでなく、不安などの精神状態も改善するなどの効果が認められています。

 治療を進める上で重要なのが、自分自身の特性を理解して受け入れ、変化のために立ち向かう気持ちを持つことです。「だらしない」「いいかげん」と言われ続け、自己肯定感が低くなっている人が「自分が至らないのは、性格のせいではない」と知るだけで、ストレスが軽減し、精神状態も安定するようです。

 ADHDを「疾患」と定義するのは必ずしも適切ではありません。生まれつきの個性とも言うべき面も大きく、症状をコントロールできるのであれば、治療を必要としないためです。そこが他の精神疾患とは違います。

 また、創造性豊かで独自の視点や発想力にあふれ、興味ある分野においては集中力を発揮するなどの強みがある。物づくり、研究職、編集職など、自分の関心が高い分野で能力を発揮できる人も少なからず見られています。

 周りの目を気にせず、ためらわず決断して突き進み、沈滞した閉塞状況を打破して新しい活路を切り開く。その能力をADHDの人は持っているのです。

※日本自閉症協会のウェブサイトに一覧が掲載されています。
http://www.autism.or.jp/relation05/siencenter.htm

(取材・構成/ライター 東 竜子)

<< 1 2 3 4 5
関連記事
このページの上へ

東竜子 [ライター]

大学卒業後、業界紙記者を経て、現在、医療・介護などを中心に取材・執筆活動を行う。


改訂!健康情報編集部

注目の病気・症状について医療記者が専門家にその原因と解決策を取材。エビデンスに基づく正確な医療情報で、巷にあふれる“いい加減”なものとは一線を画し、常に最新情報に「改訂」していく。

「改訂!健康情報編集部」

⇒バックナンバー一覧