「正社員になりませんか」
派遣やパートの正社員登用が急増

 先日、当社では派遣社員だった女性を改めて正社員として雇用しました。この人はもともと個人の事情で週4日しか出社できないということで派遣として働いていましたが、事情が変わり週に5日出社することが可能になりました。

「だったら、うちで社員になって働きませんか?」
「ぜひ社員にしてください!」

 話はトントン拍子でまとまり、派遣会社にフィーをお支払いし、当社の社員として採用したのです。なぜ直接雇用したかというと、非常に仕事が正確で、かつ早かったからです。業務上のコミュニケーションもまったくストレスがなく、もう少し経験を積めばお客様の前に1人で出ても大丈夫なポテンシャルも感じられます。

 実のところ、通常の採用活動でこの水準の人材を求めていたのですが、なかなか採用できずにいました。それが派遣という形で出会うことができたのです。本人にとっても収入が増え、雇用も安定し、我々も非常に助かる。お互いにハッピーな形になりました。派遣会社に支払ったフィーなど安いものです。

 景気が回復してきた現在では、彼女のように優秀で一生懸命働いている派遣やパート・アルバイトの非正規雇用の人がいたら、まず企業は放っておきません。つまりこれまで不本意にアルバイトや派遣で働いていた人が、正社員になるには今がチャンスと言えます。非正規雇用から正社員への転職をしやすい状況が生まれているのです。

 正社員登用は、企業が正社員募集を増やすパターンのほか、派遣やアルバイトで働いている人に企業が直接「正社員になりませんか」と声をかけるパターンもあります。大企業が大人数を一括して正社員化する動きも目立ちます。