ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就職できない若者の「トンデモ言動」

契約社員から正社員になった途端、トンデモ化する人の特徴

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]
【第64回】 2016年9月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
契約社員から正社員になった途端、ダメになってしまう人は一体何が問題なのでしょうか?

 新卒採用や中途採用、あるいはアルバイト採用など、企業で働くための入り口は実に様々です。昨今、多くの企業で非正規採用が増えていますが、契約社員募集時などの求人情報で良く目につくのが「正社員登用制度」です。これは社内で非正規雇用として働いていた方を正規雇用として採用する取り組みです。

 ところが、実際に正社員登用に踏み切った際、契約社員の間は良く働いてくれていたにもかかわらず、正社員になると思うように成果を出せない人がいるという話を耳にします。場合によってはトンデモ正社員になってしまう人もいるようです。

 そこで今回は、正社員になった途端に成果が上がらなくなる社員の特徴とその理由についてお話ししたいと思います。

なぜ選考を通過しているのに
トンデモ正社員になるのか

 近年、地域限定正社員などをはじめとして、各企業で様々な雇用形態で働く正社員が増えています。労働契約法の改正により「有期労働契約が繰り返し更新されて通算5年を超えたときは労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できる」というルールも整備され、正社員登用への可能性も以前よりは開けてきました。

 とはいえ、社内での正社員登用については明確な基準があるわけではなく、その登用率も企業によってまちまちです。場合によってはよほどの事がない限り正社員登用はしないという企業もありますし、一方社内で正社員になるための“基準”が明文化されている企業もあります。

 いずれにしても、もともとはアルバイトや契約社員が必要だったからこそ雇用していた非正規枠で働く人材です。正社員が欲しければはじめから正社員求人をかけていたことでしょう。その非正規枠から正規枠に登用するとなれば、具体的な成果や日々の勤務態度評価、そして上長の推薦などが必須となるのも理解できます。

 問題は、そうした厳しい社内選考をして正社員にしたにもかかわらず、なぜ現場でいまいち成果が出せない人がいるのかということです。そこには、企業と労働者側の「考え方のミスマッチ」が発生しているからだと私は感じています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]

1980年生まれ。大手通信会社の人事部、総合人材サービス会社の若者専門コンサルタントを経て独立。
2010年から500名を超える若者を支援し、年間のカウンセリング数は1200回を超える。 独立後は若年者、主婦の再就職、雇用支援機構や公共事業の講師・コンサルタントを中心に活動中。ホームページ:http://www.sakuraichirin.tokyo


就職できない若者の「トンデモ言動」

一部の若者が大量の内定をもらう一方で、ある一定数の若者は1社も内定をもらえない――。そんな現実が今の就職市場にあります。そんな就職難の実態を景況感のせいにしてしまいがちですが、実は内定をもらえない若者には特徴があります。それは、彼らが「トンデモない言動」をすることです。この連載では、3年間で450人ほどの就職できない若者を支援してきたキャリアコンサルタントの櫻井樹吏さんが、彼らのトンデモ言動の中身と、そんな彼らがどう就職していったのかをお伝えします。

「就職できない若者の「トンデモ言動」」

⇒バックナンバー一覧