ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
悪魔の対話術 ~ビジネスで「したたか」に成功する~
【第5回】 2008年6月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
内藤誼人  [心理学者]

怒る時は「一気に」、ほめる時は「小出しに」
――部下の人心掌握法

1
nextpage

 人心掌握の基本は、できるだけ嫌われることを避け、好かれることを多くしてやることである。この点に関して、マキャベリは大変に参考になる意見を述べている。

 加害行為は、一気にやってしまわなくてはならない。そうすることによって、人に苦痛を味わわさないようにすれば、それだけ人を怒らせることも少なくてすむのである。これにひきかえ、恩恵は、よりよく人に味わってもらうように、小出しにやらなくてはならない(『君主論』)。

 短くまとめるなら、「怒るときにはまとめて、ほめるときには小出しに」とマキャベリは戒めているわけである。

苦痛を長く
味あわせてはいけない

 怒るときには、中途半端に、ダラダラとやってはいけない。

 そんなことをすると、相手の心の中に“敵意”を引き起こしてしまいかねないからだ。

 小うるさい説教をダラダラとやられたときの苦しさは、だれでも知っている。そういう苦痛を長く味あわせるべきではない。

 精神的な苦痛を味あわせるのならば、いっそのこと、一発だけ頬を張り飛ばして、「これからはもっと頑張れ!」とか「問題の大きさが自覚できるようになれ!」などと怒鳴って終わりにしたほうがいい。

 「どんな理由があっても、手を上げるのは最低である」と考える読者もいるだろうが、筆者などは、正当な理由があって、しかも何発も殴ったり、蹴ったりするのでなく、頬に一発だけ平手打ちを食らわせるくらいは許されるのではないか、と思っている。大きなカミナリを一度落として、その後は、からっと晴天を見せてもいいのではないか。

 子育てをするとき、絶対に子どもを殴ってはいけないと頭から決めつけていると、柔軟なしつけができなくなるのと似ている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、5/7~5/13)



内藤誼人 [心理学者]

慶応義塾大学社会学研究科博士課程修了。(有)アンギルド代表取締役。現在は、企業研修や講演等で、心理学の法則をもとにした人材育成や販売促進、企画力促進などに力を注いでいる。著書に『「人たらし」のブラック心理術』(大和書房)、『人は「暗示」で9割動く!』(すばる舎)、『パワーセルフ』(ダイヤモンド社)ほか多数。


悪魔の対話術 ~ビジネスで「したたか」に成功する~

ビジネス成功したいなら「お人よし」になるな!ビジネスに「ズルい」という言葉はない!自分のホンネはさらさずに相手のホンネを一方的に探り出すための「したたか」で「狡猾」な“悪魔の”対話術を伝授する。

「悪魔の対話術 ~ビジネスで「したたか」に成功する~」

⇒バックナンバー一覧