先輩社員が時間をかけて説明しても、新人が理解できないために困ったことはありませんか?(写真はイメージです)

 あなたの周りに、仕事ができなさそうに見える上司・同僚・部下はいませんか?そのような人たちに対して、あなたは腹を立てているかもしれません。でも、本当に彼らをきちんと理解できているでしょうか?

 実はそんな『トンデモ社員』こそ、会社を救う存在かもしれないのです。

ムードメーカーの新入社員
指導者は先輩オタク社員

 新入社員として、大手飲食企業に入社してきた町田さん。性格が明るくて、おしゃれが好きで前向きな女性でした。挨拶もしっかりし、華のある町田さんは、入社日から周りにも注目されていました。

「管理部いいな。明るい子が入って。雰囲気も明るくなりそうだよな」などと、所属以外の部署からも噂が立つほどでした。

 同期の新入社員の中でも、ムードメーカー的な存在。出身大学が同じ同期の女性社員・高崎さんからも、「私、町田さんと同じ会社でよかった」と言われるような存在でした。

 ところで、この会社では、新入社員にはそれぞれ先輩が1人「メンター」としてついて、会社のことや仕事のことなどを教える制度になっており、町田さんの担当メンターに指名されたのが村川氏です。

 小太りでメガネの村川氏は、あまり服装にはこだわりがなさそうな、雰囲気がちょっと暗めに見える男性でした。まだ20代後半でありながら、ベテランの雰囲気を醸し出しているところもあります。