ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
父と娘の就活日誌

採用面接が始まった!

―― グループ面接にどう対応するか?

楠木 新
【第19回】 2008年3月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「就職活動は、順調に進んでいるの?」

「エントリーシート(ES)を締切りギリギリで書いているよ。綱渡りでちょっと焦っているの」

「演劇の公演もあって大変なんでしょう。大丈夫なの」

「3月初めには公演も終わるので、それからは就活一本に集中するけど」

「全体感を持って進んだほうがいいよ。就活の統括表のようなものは作っているのか?」

「手帳にスケジュールを書き込んで、別にESの締切日や説明会のメモを作ってるよ」

「とにかく全てを書き込んで一覧できるものが必要だよ。それがないから慌てるんだよ」

「整理したいと思っているけど、演劇のことで時間が足らなくて」

「時間がないからこそ、それを先にした方がいいよ。会社訪問や面接のスケジュール、ESの締切日、会社毎の特記事項などをエクセルとかノートに全て書き出してみることだ。そうすると、今何をするかが見えてくるよ。段取りもよくなるし」

「学生で、そんなにきちんとやれる人はいないんじゃない」

「まぁ、そうかもしれないが、社会人になった時には基本だよ。ESの締め切りに追われるだけでは、大切なものを落としちゃうよ」

「一度自分で整理してみるよ」

就活の流れを
一覧にまとめてみる

*就活統括表

 話を受けて、2月末時点に娘が整理したノートを見ると、

・ES提出済み:8社
・これからES提出予定:20社程度(3月中旬までに締め切りが集中)
・これからESの条件を確認する予定:10社程度

*特記事項

・就職説明会にESを持ち込み:4社
・就職説明会でESを書く:7社
・就職説明会の参加が、エントリーの条件:8社
・筆記試験や適性検査が組み込まれている:5社
・プレゼンテーションが組み込まれている会社:1社

「全部を整理すると少しスッキリしたよ。3月初めはESを書き溜める時期だね。」

「採用面接が佳境になった時に、ESを残していると大変だよ。面接は疲れるからね。」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

楠木 新

金融機関に勤務するかたわら、「働く意味」をテーマに執筆、講演などに取り組む。12万部を超えるベストセラーになった『人事部は見ている。』(日経プレミアシリーズ)、『就職に勝つ!わが子を失敗させない「会社選び」』(ダイヤモンド社)など著書多数。近著に『人事のプロが教える 働かないオジサンになる人、ならない人』(東洋経済新報社)がある。


父と娘の就活日誌

働く価値観が多様化する中、超売り手市場の環境下で、大学生はどのように企業選択をしていくのか。就職活動に臨む大学3年生の娘と父とのリアルな対話を通して、実状に迫る。

「父と娘の就活日誌」

⇒バックナンバー一覧