ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?

震災の年に訪れる「クリスマス三連休」に悲鳴が続出?
寂しいシングル男女を憂鬱にさせる“絆”の同調圧力

宮崎智之 [フリーライター]
【第21回】 2011年12月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

“絆”を深める大震災後のクリスマス
でもシングルにとっては「憂鬱な三連休」に?

 今年もこの季節がやってきた。恋人たちが素敵なレストランでディナーを楽しみながらプレゼントを交換し、色とりどりのイルミネーションを眺めて愛を確かめ合うあのイベントが……。

 そう、世に言う「クリスマス」である。クリスマスとは、「イエス=キリストの誕生を祝う祭り」(大辞泉)。しかし、日本においてはキリスト教の記念日であると同時に、カップルの祭典であることは、読者もご存知のとおりだろう。

 しかも、今年のクリスマスは“スペシャル”だ。偶然にも24日と25日が土曜、日曜というカレンダーで、さらに23日も祝日のため、三連休となっている。カップルにとっては嬉しい限りだが、一方で悲痛な叫び声を上げているのが、恋人がいないシングルたちである。

 周知のとおり、毎年恒例の「今年の漢字」に選ばれたのは「絆」。震災の影響もあり、恋人同士の繋がりを大切にする気運が高まっている。そんな風潮を受けて、恋人がいないクリスマスを例年よりも寂しく思う人が続出しているというのだ。

 なかには、「恐怖のクリスマス三連休」と感じる人さえいる。2011年のクリスマスを巡る悲喜こもごもを追った。

 まずは、クリスマスにまつわるデータから見ていこう。

 靴下を製造・販売するタビオの調査によると、クリスマスを「恋人と過ごす」と解答した20代の男性は84.0%で、昨年対比20ポイントも増加。女性も76.0%で8ポイント上昇した。

 一方、前回も指摘した通り、国立社会保障・人口問題研究所の「出生動向基本調査」では、交際相手がいない男性は61.4%、女性は49.5%に上り、1987年以来、最高水準となった(18歳~34歳)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?

日本は「結婚受難」の時代に突入した。街やオフィスには、「出会いがない」と焦る独身者や「結婚に疲れ果てた」と嘆く既婚者が溢れている。一昔前の日本人なら誰しも得られた「結婚」という当たり前の幸せを、得ることができない。夢や希望を失った「ロス婚」(ロスコン)な人々が増殖する背景には、いったい何があるのか? 婚活や結婚生活に悩みを抱える人々の姿を通じて、「日本人の結婚」をいま一度問い直してみよう。

「「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?」

⇒バックナンバー一覧