ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

技術か? コスト競争か? 国家も巻き込んだ、「日本の製造業」生き残りへの戦い

“日の丸半導体”エルピーダメモリ 国境を超えた提携交渉に密着

NHK「追跡!AtoZ」取材班
【第10回】 2009年7月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 去年9月のリーマンショックに端を発した世界同時不況。急速な業績の悪化に陥った日本の製造業は、果たして生き残れるのか――。

 われわれ取材班は、日立製作所、NEC、三菱電機のDRAM部門が統合してできた国内唯一のDRAMメーカーであり、“日の丸半導体”といわれる「エルピーダメモリ」を取材。国境を越えた提携交渉の現場を、半年以上にわたって密着した。

なぜ、台湾との提携なのか?
生き残りをかけた交渉の舞台裏

エルピーダメモリ・坂本幸雄社長

 1月5日。成田空港には、エルピーダの社長、坂本幸雄氏の姿があった。台湾メーカー3社との提携交渉に向かうという。なぜ坂本社長は、台湾メーカーとの提携を目指すのか。

 台湾は、いまや世界のパソコンの80%を製造するデジタル製品の生産基地。不況の中でも大ヒット商品となった低価格パソコン、いわゆるネットブックを世に送り出したのも、台湾メーカーだ。ゆえに、台湾のDRAMメーカーも、「安く作る技術」に長けている。

2008年度のDRAMの世界シェア

 しかし、DRAMの世界シェアで見れば、台湾勢は、6位以下にすぎない。だが、その台湾と3位の日本(エルピーダ)が組めば、シェアは一気に拡大する。「今後、生き残れるのは2~3社」といわれているDRAM業界において、まさにシェア拡大は生き残りをかけた死活問題なのである。

 台湾メーカーと組む理由について、坂本社長は、

 「日本人がいくら優秀だといっても、それだけではコスト差や人件費の差は吸収できない。しかし、同じDRAMを台湾で作れば、はるかに安く作れる」

と語った。

PCや携帯電話の記憶回路をつかさどる「DRAM半導体」

 エルピーダは、携帯電話などに使われる、高性能のプレミアDRAMを得意としてきた。しかし、リーマンショック以降、その需要は激減。一方、市場の伸びが期待される低価格パソコン向けなどの汎用DRAMは価格下落が激しい。そのため、台湾メーカーとの提携は、欠かせなくなっているのだ。

 1月23日。世界シェア5位のドイツ・キマンダが破産申請。「まだまだ潰れる会社が出る」、坂本社長は危機感を募らせていた。市場には、「さらなる淘汰が進む」との観測が広がる中、台湾当局も台湾メーカーの経営基盤を強化するため、国内3社の統合・再編を条件に、公的資金を投入する方針を示していた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!
最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピーク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

NHK「追跡!AtoZ」取材班

毎回、担当ディレクターが取材内容をもとに執筆、番組内容を再現。
記事の後半では、元社会部記者で「週刊こどもニュース」のお父さん役も務めた番組キャスターの鎌田靖解説委員が、「キャスター日記」として取材を振り返りながら総括する。
◎番組ホームページは、こちら


追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

政治から犯罪、社会問題まで、読者がいま一番知りたい話題を徹底追跡。その背景に迫ることで、時代を読み解いていく。NHKで放送中の同名ドキュメンタリー番組をウェブ用に再構成してお届けします。

「追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント」

⇒バックナンバー一覧