ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
業界別 半年先の景気を読む

街コンブームから2012年を考える
消費トレンドキーワードは「安・賢・遅」

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]
【第97回】 2011年12月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2012年はどのような年になるのか。さまざまなメディアが予測をしています。私は、予測はできませんので、コンサルティングの現場で起きている事実から、2012年の大きな流れ、特に消費トレンドについて「こうなるだろうな」と想像してみました。その内容はあくまでも来年のイベントカレンダーに則ったもので、そのカレンダーを参考に、どのようなトレンドが起こりそうかを考えることにしています。

 2011年のまとめレポートとして、2012年イベントカレンダーをまとめてみます。

2011年を振り返る

 2011年に私がテレビや新聞、雑誌などで取材を受けた内容を整理しますと、大きく以下のような流れを感じます。キーワードは「安・賢・遅」です。

 1.復刻ブームから見える「安心・安全」欲求と「安さ」を求める低価格志向の高まり

 2011年は菓子・飲料業界、アパレル業界、玩具業界などあらゆる業界で「復刻版」がブームとなりました。発売されてから20~30年という区切りを迎えた商品が多くありました。ブームとなったのは、懐かしさ以上に、昔、購入したことがある商品やブランドという安心感を感じることができたことが大きな理由です。

 3.11以降、家族、つながり、絆、縁といったものを重要視する流れがありますが、それもすべて不安を感じる人々が安心を求めているからと言えます。2012~13年は世界的に激変の年となるでしょう。復刻版のような、確実に安心感を得られるものはさらに人気を得ることでしょう。

 併せて、引き続きデフレが続く日本では、安さを求める志向も同時に高くなるはずです。LCCのような低価格の航空路線が本格的にスタートし、TPPへの参加是非が問われる2012年は、あらためてさまざまな業界で価格の見直しに入ることになるでしょう。

 安心・安全とともに、安さをキーワードにした新業態が生まれるのが2012年だと思います。

 2.「賢く見える」消費スタイルがますます強まる

 リサイクル業界はますます細分化し、最近では「シェア消費」(みんなで共同利用する)も増えてきました。必ずしもモノを所有する必要はなく、それを使用することに価値を見出し始めた生活者が増えています。また節電の影響から、ダラダラと残業するのではなく、効率よく働いて、空いた時間を自己研鑽にあてるという人も増加中です。いかに「賢く見える」か。これがポイントのようです。

 3.人の集まる街、集客する店のキーワードは「ゆったり」

 2010~11年は銀座や有楽町など、都心のスピード感のある街が注目されました。

 2012年は「スカイツリー」がオーブンすることもあり、ちょっとローカルな街や東京・下町のような混沌とした雰囲気を持つ街がトレンドを作ることは間違いありません。

 また「街コン」のような田舎の「団体合コン」などが最盛期を迎えるのも2012年でしょう。全国各地で街コンによって地域を盛り上げようというイベントが、春にかけてかなりの頻度で開催されるはずです。

 その一方で、ひとりカラオケのような「おひとりさま市場」も拡大していきます。「ゆったり、ゆっくり、みんなで、のんびり」、時には「おひとりさま」が時代を作りそうです。

(参照;「ブランディングナビ」 定点定物観測レポート参照)

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]

平成3年、株式会社船井総合研究所入社。現在、同社、上席コンサルタント。「戦略は思いに従う」を信条にファッションを専門分野として、現在では百貨店、アパレルメーカー、SPA専門店を中心としたアパレル、流通小売業のコンサルティングに従事している。現場支援と通算2,000回を超える講演活動により、情熱に満ち溢れた企業づくりにまい進している。テレビ出演、雑誌、新聞などへの執筆も数多く、コメンテーターとしての活動にも注目が集まっている。この数年のコンサルティングテーマは「永続するための企業ブランド戦略づくり」。社員が誇れる会社を作るためのコンサルティングに全力を注いでいる。
最新著の『超繁盛店のツボとコツがゼッタイにわかる本』や『コンサルタントの「お仕事」と「正体」がよーくわかる本ー本当のところどうなの? 本音がわかる! 仕事がわかる!』(共に秀和システム)などがある。

【関連サイト】「丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ」


業界別 半年先の景気を読む

不透明な経済状況が続き、半年先の景気を読むことさえ難しい日本経済。この連載では、様々な業界やテーマで活躍する船井総研の専門コンサルタントが、業界別に分析し、半年先の景況感を予測していきます。

「業界別 半年先の景気を読む」

⇒バックナンバー一覧