ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
香山リカの「ほどほど論」のススメ
【第12回】 2011年12月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
香山リカ [精神科医、立教大学現代心理学部教授]

「売れなくてもよい本」の存在を認めること。
これが本当の教養ではないか

1
nextpage

本の概念は変わってしまったのか

 近年、雑誌の売上げが落ちる一方で、付録が付いた雑誌の売れ行きは好調です。

 それらの雑誌を買う「読者」は、雑誌の内容に興味を持って手に取るのではなく、付録の商品の価値や希少性に魅力を感じている人が少なくありません。極端な人になると、付録ほしさに雑誌を買い、読まずに捨ててしまう人もいるようです。

 こうなると雑誌の編集者は、いったい何を売っているのかさえわからなくなってしまうでしょう。

 どんな形であれ、物が売れることは価値が認められたことであり、否定することではありません。売れないより売れたほうがいいのは間違いありません。

 しかしこのケースでは、読者を付録で釣ったような形になっています。雑誌を編む編集者としてある種の気恥ずかしさを感じないのでしょうか。私が知るかつての編集者には、そうした感覚があったような気がします。

 出版社のなかには、あまり部数が売れなくても、特定の学問分野に特化し、そこではなくてはならない文献を出版しています。またある出版社は、社会のマイノリティに光を当てつづけているので、どうしても部数は伸びません。これらは売上げでは測れない価値ある出版活動だと思います。しかし、売れた本だけに意義があると言う人はこう指摘するのです。

 「どんなに良いものでも、売れなければ誰の目にも触れることはない。必要とされていないし、評価されていないのと同じである。もはや商売としては成り立たないので、国がお金を出して文化遺産として保護すべきだ」

 本の概念は、ここ何年かの間に変わってしまったのでしょうか。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
10年後、君に仕事はあるのか?

10年後、君に仕事はあるのか?

藤原和博 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年2月

<内容紹介>
人工知能、グローバル化、就活の地殻変動… 約50%の仕事が今後10〜20年でなくなると言われる。 そのような時代を生き抜くためにはどんな力を身につけておくべきなのか? 教育改革実践家の著者が、高校生に語りかけるスタイルで仕事が消滅していく社会で「稼げる大人」になる方法を伝授する。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR


 

香山リカ [精神科医、立教大学現代心理学部教授]

1960年北海道札幌市生まれ。東京医科大学卒業。豊富な臨床経験を生かし、現代人の心の問題のほか、政治・社会評論、サブカルチャー批評など幅広いジャンルで活躍する。著書に『しがみつかない生き方』『親子という病』など多数。


香山リカの「ほどほど論」のススメ

好評連載「香山リカの『こころの復興』で大切なこと」が終了し、今回からテーマも一新して再開します。取り上げるのは、社会や人の考えに蔓延している「白黒」つけたがる二者択一思考です。デジタルは「0」か「1」ですが、人が営む社会の問題は、「白黒」つけにくい問題が多いはずです。しかし、いまの日本では何事も白黒つけたがる発想が散見されるのではないでしょうか。このような現象に精神科医の香山リカさんが問題提起をします。名づけて「ほどほど」論。

「香山リカの「ほどほど論」のススメ」

⇒バックナンバー一覧