政財界から宗教界に至るまで世界の有力者が一堂に会した2017年のダボス会議 Photo;ロイター/アフロ

拙著、『知性を磨く』(光文社新書)では、21世紀には、「思想」「ビジョン」「志」「戦略」「戦術」「技術」「人間力」という7つのレベルの知性を垂直統合した人材が、「21世紀の変革リーダー」として活躍することを述べた。この第37回の講義では「技術」に焦点を当て、拙著、『ダボス会議に見る世界のトップリーダーの話術』(東洋経済新報社)において述べたテーマを取り上げよう。

国連総会を超えるダボス会議

 また、1月がやってきた。ダボス会議の季節だ。

 スイスの国際的リゾート地、ダボス。その地に、世界各国の大統領、首相を始め、政治、経済、文化、宗教などの分野のトップリーダー2500名が集まり開催される国際会議。今年は1月23日から26日まで行われる。

 筆者は、このダボス会議を主催する世界経済フォーラムのGlobal Agenda Councilのメンバーを務め、このダボス会議にも永年参加してきたが、この会議で最も印象深く学んだことは、世界のトップリーダーの卓抜な話術であった。