貯金1000万達成で
夢の一戸建てを購入!

 カナさんは“堅実なるパパ活”によって、家族3人分の生活費を稼ぎ、旦那や自分のパート収入はほとんど貯金に回している。もちろん旦那の借金もパパ活のおかげで完済できた。それどころか、なんと去年、念願だった貯金額1000万を達成し、千葉の中古一戸建てをキャッシュで購入した。築18年、駅徒歩10分の3LDKだ。

 カナさんの懸命なパパ活と徹底した倹約ぶりに感化され、この歳にして奮起して新聞配達のダブルワークを始めた旦那の協力もあった。

「もうローンとか借金とか、お金のことで頭を抱えるのにはうんざり。パパ活のおかげで月20万円以上の貯金を続けられているので、本当によかったです。子どもの頃からずっと貧乏に悩まされてきたけど、やっとそんな日々から脱出できました。旦那はハゲだし、ただのおっさんだけど、パパ活には理解があるんですよ」

 最近カナさんの旦那は、「俺もコレ買ってほしいから頼んできて」とパパ活を許容するどころか、便乗してくるという。

「今はもう一戸、家を購入するためにまた節約生活に励んでいます。将来は家賃収入で暮らせるようになるのが夢。ママ友会とか、お金と時間のムダなんで絶対参加しませんね。こんな生活をずっと続けてるので友人とも随分疎遠になってしまったけど、いいんです。みんなと同じように生きていたらお金は貯まりませんから」

 そうきっぱり話す彼女には、お金への底知れぬ執着が感じられた。それにしてもカナさんの子どもの食費を本物のパパではなく、“パパ”が出しているとは、なんとも皮肉な話ではないだろうか。

「このあいだ子どもの運動会だったんですけど、本当のパパ(旦那)と“パパ”が両方見に来てて(笑)。なんかウケますよね」

 取材中、カナさんがパパ活の話をする傍らで、子どもは静かにじっとしていた。