ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ネット口コミ徹底活用テクニック
【第5回】 2008年2月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
村本理恵子 [マーケティング・コンサルタント]

「リスク・バズ」(誹謗中傷の書き込み)に注意!

1
nextpage

 新聞を眺めていると、「ネット被害」という文字をひんぱんに目にします。「だからネットは怖い」と思ってしまうのでしょうね。

便利さの裏側で増える
ネット犯罪

 図1をご覧ください。警視庁がまとめた2002年1月から7月までの犯罪発生件数です。7ヵ月の合計が約28万件なので、12ヵ月に換算すると約48万件となります。同じ時期のネット犯罪が約2万件ですから、犯罪全体に占める割合はまだ4%程度でした。

図1:犯罪件数(2002年1~7月前年度比較)
図1:犯罪件数(2002年1~7月前年度比較)

 次に図2は、都道府県警察のサイバー犯罪の検挙・相談件数です。2005年上半期は5万479件で、前年同期(3万3066件)より50%も増えています。一般の犯罪は1年間で50%も発生件数が増えることはありませんから、犯罪全体に占めるネット犯罪の割合が増えていき、注目を集めるようになったのです。

図2:サイバー犯罪の検挙・相談件数
図2:サイバー犯罪の検挙・相談件数

 とはいえ、リアルな犯罪のほうがまだずっと件数は多いのですから、ネットを危険地帯とおそれるのは考えすぎです。どんなものにもマイナスの部分はあるものです。リスクを知って使いこなせば、インターネットほど便利なツールはないと思います。

誰が「リスク・バズ」を
発生させるのか?

 「ネット被害」と一口にいっても、その内容は様々です。スパイウェアなどのウイルス被害、フィッシングサイトによる詐欺被害、アダルトサイト閲覧による不正課金被害、最近ではウィニーによる個人情報流出被害など、本当にバラエティ豊かです。このようなシステムのセキュリティのすき間を突いたネット被害が世の中に広がっていく一方で、掲示板サイトへの書き込みやブログへの書き込みによるネット被害、いわゆるリスク・バズによる被害も広がっています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
どうすれば、売れるのか?

どうすれば、売れるのか?

木暮太一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
売れるものには、法則がある!ヒット商品・話題のサービス、人気コンテンツ、行列のできる店…似たように見えるのに、なぜ売れるものと売れないものがあるのか?著書累計150万部、リクルート×サイバーエージェント×富士フイルムで学んだ、センスに頼らず、繰り返し人の心を動かす究極のメソッド。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、4/16~4/22)



村本理恵子 [マーケティング・コンサルタント]

1979年東京大学卒業後、時事通信社に入社。世論調査やマーケティング・リサーチの分析に携わる。98年専修大学教授。同年(株)ガーラ代表取締役会長に就任。(株)ガーラ総合研究所所長をへて、マーケティング・コンサルタントとして独立。企業のマーケティング活動に最新のネット口コミ情報を取り入れ、新しいユーザー志向マーケティングの確立をめざし活動中。


ネット口コミ徹底活用テクニック

ネット上の口コミ情報をいかにキャッチし、有効活用するか。また、自社の危機管理に生かす方法を、口コミ分析の第1人者が豊富な実例で解説。

「ネット口コミ徹底活用テクニック」

⇒バックナンバー一覧