闇株新聞[2018年]
2018年1月26日公開(2018年1月26日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
闇株新聞編集部

なぜ急騰していたかを考えればわかる
ビットコインと仮想通貨の今後の展望
闇株新聞が気づいた「仮想通貨の相場観」

闇株新聞プレミアムメールマガジン 20日間無料!

ビットコインが急落しました。1月15日高値から1月17日安値ではドル建てで最大36%、円建てで最大42%の大幅減でした。他の仮想通貨も同様(あるいはそれ以上)の急落に見舞われ、投資家の間には「激震」が走りました。刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』では「なぜ急落したかより“なぜ急騰していたか”を考えるほうが本質が見えてくる」として、ビットコインと仮想通貨の今後の展望について解説しています。

なぜ急騰していたかを考えればわかる ビットコインと仮想通貨の今後の展望 闇株新聞が気づいた「仮想通貨の相場観」

急落したといっても「1年で22倍」が
「1年で13倍」になったにすぎない

 ビットコインをはじめとする仮想通貨が急落した理由については「値動きにつられた新規投資家が大挙参入して身の丈以上に買いすぎていたため、パニックになった」としかいいようがありません。

 そもそもあんなに急騰していなければ、こんなに急落することもなかったのです。急落の原因をあれこれ論ずるより「なぜ急騰していたのか?」を考える方がはるかに重要です。

 2017年4月、金融庁は仮想通貨全般を「資金決済法」の対象にしました。それまで「モノ」であった仮想通貨を「通貨」と同等にして規制をかけたのです。これが「金融庁がビットコインを始めとする仮想通貨に“お墨付き”を与えた」ように見えて、上昇に加速がつきました。ちなみにこの頃は1ビットコイン=1000ドル前後でした。

 それから、分裂騒動(2017年8月)、中国政府の規制強化(2017年9月)、JPモルガンCEOの「ビットコインは詐欺」発言など幾度か大幅下落はありました。が、いずれも一時的な“押し目”を作ったに過ぎず、すぐに反発に転じて12月初旬に1万ドル、同月中旬には2万ドル近くまでぐんぐん上昇していました。

 そして今回の急落です。1ビットコインは1万4000ドル台から9300ドルあたりまで下落。直接の原因は中国・韓国政府が仮想取引全般を規制するとの観測でしたが、昨年までならほとんど反応すらしなかった材料です。

 その意味では「今回の下落は違う」と言う人もいます。しかし、急落したといってもまだ「1年で13倍になった」状態でしかありません。

 ちなみに、この間の金価格は1.1倍(1オンス=1200ドル→1330ドル)、WTI原油価格も1.2倍弱(1バレル=537ドル→64.0ドル)にしかなっていません。基軸通貨・米ドルに至っては13%も下落(103.82→90.31/ICEドルインデックス)しています。

 FRBが年3回の利上げと保有資産縮小に踏み切っている中で、このドル安は腑に落ちません。本来、ドル安であれば上昇するはずの金や原油の上昇もわずかでしかなく、違和感があります。

米ドル安対策として買われているが
将来的には今よりずっと安くなる!?

 そこでビットコインに話を戻します。昨年(2017年)1年間のドル安は、仮想通貨全般の価格を押し上げたはずです。過剰な資金が向かったのもありますが、昨年1年間がドル高だったら、ここまでの資金集中・価格上昇はなかったでしょう。

 もちろん、1年で13倍とか(最高値で見た)22倍などは「とんでもなく買われ過ぎ」ですから、ドル安の避難先とはいえ、今回のようなスピード調整(時には急落)が何回か起こるのは当然です。

 では、この先もビットコインなど仮想通貨が基軸通貨であるドルに置き換わっていくのかといえば、それも違います。理由は明確、ドルに限らず通貨とはすべて国家が発行して管理するもので、その価値を維持するのも国家の重要な役割です。

 ところがビットコインなど仮想通貨は、基本的に発行者あるいは管理者が誰だかわかりません。となると、通常の通貨であれば国家に帰属するはずの「通貨発行益」が“誰だかわからないグループ”に奪われていることになります。

 各国にはビットコインなど仮想通貨を保護して拡大させる「動機」が全くなく、そのうち世界中で規制だらけになるでしょう。

 ドル安が止まらなければ、まだまだビットコインなど仮想通貨への資金の流れは続くかもしれません。しかし、将来的に落ち着く価格水準は現在の(急落後の)価格よりもかなり低いと思われ、どこかの時点で採掘コストが合わなくなって成長が止まると見ています。

闇株新聞プレミアムメールマガジン 20日間無料!

とかく相場に身を置いていると目先の利益や値動きに目を奪われてしまいがちなもの。相場の変わり目にあって判断に迷ったら、相場を大局から俯瞰して、物事を根本から考えてみることが必要です。刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』では、政治・経済・金融・社会あらゆる分野あらゆる市場に目を配り、ときに歴史を遡って超長期の視点からこれからを見通します。本連載は毎週5~6本に分けて配信される記事の中から、ほんの一部を抜粋・編集してお届けしています。フルバージョンをお読みになりたい方はこちらからお申込みください。

闇株新聞PREMIUM

闇株新聞PREMIUM
【発行周期】 毎週月曜日・ほか随時  【価格】 2,552円/月(税込)
闇株新聞PREMIUM 闇株新聞
週刊「闇株新聞」よりもさらに濃密な見解を毎週月曜日にお届けします。ニュースでは教えてくれない世界経済の見解、世間を騒がせている事件の裏側など闇株新聞にしか書けないネタが満載。
お試しはコチラ

 

DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

●DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)とは?

金融・経済・ビジネス・投資に役立つタイムリーかつ有益な情報からブログに書けないディープな話まで、多彩な執筆陣がお届けする有料メールマガジンサービス。
初めての方は、購読後20日間無料! 


世の中の仕組みと人生のデザイン
【発行周期】 隔週木曜日  【価格】 864円/月(税込)
世の中の仕組みと人生のデザイン 橘 玲
金融、資産運用などに詳しい作家・橘玲氏が金融市場を含めた「世の中の仕組み」の中で、いかに楽しく(賢く)生きるか(人生のデザイン)をメルマガで伝えます。
お試しはコチラ

堀江 貴文のブログでは言えない話
【発行周期】 毎週月曜日、水曜、ほか随時  【価格】 864円/月(税込)
堀江 貴文のブログでは言えない話 堀江 貴文
巷ではホリエモンなんて呼ばれています。無料の媒体では書けない、とっておきの情報を書いていこうと思っています。メルマガ内公開で質問にも答えます。
お試しはコチラ

 

Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

儲かる高配当株
桐谷さんの「株」入門
ふるさと納税カタログ

4月号2月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株価が乱高下する今こそ高配当株で1億円作る】
【別冊付録】丸ごと1冊桐谷さんの「株」入門
 ・「株」の買い方ギモン解消BOOK
 ・初心者も安心! 口座開設から注文方法まで! 
●最高4.53%!儲かる高配当株86を大公開
 ・株投資で1億円を作った勝ち組8人の投資ワザ
 ・高値圏の今こそ高配当株に注目すべき理由! 
 ・20万円以下で買える! 初心者向け高配当
 ・増収増益が続く好業績高配当株
 ・上場5年以内の急成長高配当
 ・不景気時も減配しない高配当
今こそ買いの米国株ベスト22
 ・年間200万円の配当をゲットの個人投資家
 ・米国の高配当株ベスト11
 ・米国の成長株ベスト11
ふるさと納税月別カタログ&王道の返礼品
毎月分配型投信100本の最新利回り&分配健全度
儲けた人のNISAの上手な使い方
退職金は専用定期で無リスクで増やせ

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング