佳食漫遊!ニッポンの郷土料理
【第15回】 2012年1月25日 橋本裕之

静岡おでん――真っ黒いダシ汁に青のり、ダシ粉の風味が重なる「駄菓子屋の味」!

 おでんは日本全国で食べられている、まさに国民食といってもよい大衆料理の代表格だろう。ただ、一口におでんといっても、全国比べてみると、具材が地域によって様々に異なる。出汁もそれぞれで、ある意味、郷土色が出やすい料理ともいえる。この連載でも、第2回でテビチ(豚足)を沖縄のおでんの代表的な具材として、紹介している。

 そんなおでんだが、全国でも他になかなか類をみない、特徴的なおでんがある。静岡県は静岡市を中心に食べられている「静岡おでん」だ。

 東京ではなかなかお目にかかれない、その静岡おでんを、下北沢で提供している店があり、静岡市の出身者を懐かしがらせているという。

 演劇が好きな人にとってはお馴染みの、『本多劇場』のすぐ前、『「劇」小劇場』の並びのビルの2階にその店はあった。黒いネオンに白文字で大きく『しずおか屋』と書いてある。静岡出身者なら、必ず目に止めるであろう。

 ビルの外階段を上がり、店内を見渡すと、テーブルとカウンターがあり、そのカウンターの横にはしっかりと、長方形で、細かく仕切りがついたおでん鍋が鎮座していた。

「おお! 噂のとおり、『黒い』なぁ。真っ黒だ!!」

おでん鍋の中にギッシリと並んだ、おでんのタネ。東京ではなかなか見かけない具材もたくさん。

 おでん鍋のダシ汁は本当に真っ黒である。そして、全ての具材に串が刺されて、ダシ汁の中にギッシリと詰めこまれている。聞くとセルフサービスだそうで、自分で好きな具材を取って、最後に串の本数で勘定するとのことだ。串で数えるのは、静岡にあるお店でもオーソドックスな方式だそうだ。

「串で勘定するのはいいねぇ。なんていうか気が楽で」

 静岡市出身の女将、冨田さんに伺ったところ、静岡では駄菓子屋におでんがあり、子供の頃から学校帰りなどに、おでんを食べていたという。また、夏の海水浴場では海の家でもおでんがあり、一年中食べていたそうだ。まさに静岡のソウル・フードといえるだろう。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

橋本裕之

飲食店から蔵元訪問など、豊富な食べ飲み歩きの経験から、出版やWEBなどで、食と酒をテーマにした編集やライティングに関わる。過去の執筆に『dancyu』(プレジデント社)、『本格焼酎ぐびなび』(誠Style)など。SSI認定焼酎アドバイザー。ティーコンシェルジュ2級。


佳食漫遊!ニッポンの郷土料理

土地々々の風土に磨かれ、伝え継がれてきた日本の郷土料理を、料理の歴史や地域の慣習などを交えて紹介。その素晴らしさ、味わい深さを再確認していただければ幸いです。

「佳食漫遊!ニッポンの郷土料理」

⇒バックナンバー一覧